スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Second Stage

ロード
羅臼合宿2日目。

小雨っぽいけど、風は追い風。

朝9時に出発した。根室海峡を左手に望みながら南下していく。

天気が良ければ最高なんだろうけどな~

羅臼峠にさしかかる。グレーシーがグッバイ!

下り坂で集団が活性化。先輩のアタックを皮切りに高速巡航が開始した。

今日は脚の調子がめっちゃ良い!昨日いい温泉に入るために遠出した甲斐があったのかな?
先輩も調子がよさそうである。

中標津を過ぎた地点でアベレージ35.1キロ!そこからも集団のペースは落ちない。

中標津~弟子屈区間はアップダウンがひたすら続く。パミ太がしんどそうになってきた。

弟子屈11キロ手前で先輩がアタック!! すぐに反応して先輩と逃げる!
50キロ巡航であっという間に弟子屈へ到着。

昼食を済ませ一同は北見へ。

国道243号、津別峠のふもと。先頭はパミ太。
津別峠を登るか美幌峠を登るかはパミ太郎に託された・・・

峠の分岐路、緊張の一瞬・・・そして・・・パミ太は無言で直進。

しかーし!! 先輩は死の津別方向へ左折、そして登ってる!?

すぐUターンして先輩を追う。

だがここで先輩のリアルフェイクが炸裂!! 自分たちが追って来るのを見るや、即座にUターンし美幌方面へ。

集団分裂・・パミパミパミ~・・・

気を取り直して美幌峠へ。この峠で全ての力を使い切る覚悟で登り始める。目標はオールアウター。

峠の中腹で脚がきつくなる。ダンシングしたい気持ちを抑えてシッティングで耐える。

美幌峠まで残り5キロ。ここで軽くダンシングをし、脚をリカバリー。頂上を目指す。が、しんどい。

残り1キロ。左に大きくカーブし、いよいよ最後の追い込み。頂上が見える。脚を休めるな!踏め!

頂上。叫ぶ。 てかこういう時は叫ばずにいられない。

目標達成!!オールアウターでほぼシッティング、アベレージは20キロを切らずに走ることができた!

約1分後先輩も到着し、そのまま峠を下る。

美幌から道道122号へはいる。ここからはダウン。

午後3時45分に北見到着した。結局ずっと追い風だった。イッツミラクル!!

今日はメッチャ集中した分、非常にいい練習となった。


先輩、今回も企画していただきありがとうございました。ホントに楽しすぎます!またよろしくお願いします。



羅臼~標津~中標津~弟子屈~美幌~北見
Av 32.9
Dst 189.66
Tm 5.45.54

グレーシーは夜9時に無事(?)到着。今回の敢闘賞は彼でしょう。おつかれ!!
スポンサーサイト

北の最果て

鹿
待ちに待った羅臼合宿初日です。

しかしながら、試験やら課題やらで集まりが悪い・・・

メンバーは先輩、自分、パミ太にグレーシー。ブンジは残念ながら風邪にてDNSだった。

全員自転車では初羅臼ということで和気藹々と走る。網走まではのんびりサイクリング。
しかしグレーシーがしんどそう・・・

網走からはペース走が始まる。グレーシー、グッジョブ!!

先輩と自分、パミ太でローテーションを組む。三人だとやっぱ速い。

そういえば、途中何人かローディがいた。いよいよ世間も自転車シーズン到来って感じでいいね。

いよいよ夏ですね~!夏! 今日は寒いけど。


斜里13キロ手前で気合を入れて仕掛けた! 40キロを維持して集団を引く。イメージは柳月杯での逃げである。
パミ太をぶっちぎる事に成功。先輩と斜里まで逃げ切った。

斜里で昼食をとる。

出発してからしばらくはのんびり走り、徐々にペースを上げていく。

その後、ウトロ10キロ手前で再び仕掛けた!40キロを維持する。
右手にはオシンコシンの滝と、大量の観光客。

脚がかなりしんどくなってきた。ポジションを微妙にずらしながら、何とか踏み込む。

覆道を抜け、ウトロの亀岩が見えてきた。あともう少し・・・・

そしてついにウトロに到着~。根性で10キロを一人で引くことができた。 脚を使い切ってもうヘトヘト。

知床峠を話しながらのんびりと登る。眼に映るは鹿鹿鹿・・・・

鹿ってあのタイムラグがたまらんわ~笑 先輩が威嚇してもどっか遠くを見てるし。

頂上で写真撮影をして、一気に下る。あっという間に羅臼に到着した。

今日はライダーハウスに一泊。寝袋持参で500円!!安い!!!

やっぱ旅は最高☆



北見~網走~ウトロ~知床峠~羅臼
Av 28.3
Dst 168.58
Tm 5.57.05

It's 皿うどん

金曜日は講義は午前中までしかないので午後から練習し放題。 それにしても今日の講義は爆睡だった笑
やっぱ週末は疲れがけっこうくるな~

午後二時出発。久々に先輩と二人で走る。
時折アタックがはいりながらも、カミングアウトしながら快走。往路は追い風。

置戸のセイコマ。先輩の勧めでメロンパンを購入しのんびり走りながら食べる。地元のパン屋のやわらかいパンが懐かしい・・・

広島ではメロンパンはサンライズパンて呼ばれてます。

ここから道道247線を通り温根湯へ。そういやこの前このコースをみんなで走ったな~

温根湯からは向かい風。

トラック使いたいですね~って話してたら、留辺蘂の信号手前でバスが来た来た!

やったーと思ったら、赤信号をバスが通過。あれー!?通報したろか!笑
必死で追っかける。

その先の信号で止まったので、頂きました。

留辺蘂から相内までは信号がないので、一気にワープ!
その後も市内手前でトラックゲットして五時半に家に到着。


北見~置戸~温根湯~北見
Av 30.5
Dst 95.91
Tm 3.08.53

夕食は大好物の皿うどんだった!!しかも手作り!
北海道は皿うどんが無いって事なんで、一度食べてもらいたかった。

あんかけ作って、生ラーメンを揚げて・・・

麺にあんかけをかけると、もうパリッパリ!

もう美味しすぎてたまらん~♪

明日は土日を使ってみんなで羅臼へ。はたしてお泊り会でおさまるのか、合宿になってしまうのか・・・笑

晴れときどき常呂

今日は授業が早く終わったので早速練習。晴れてる日は海!! ってことで常呂へ。

往路はやや強い向かい風。パミ太と回しながら常呂へ向かう。

それにしても晴れてる割には結構寒い。風が冷たいんかな?
おまけに山の側を走るので日陰の場所が多い。
夏の暑い日は涼しいんだけどな~

いつもの国道7号線。山を抜け常呂の町並みが見えはじめる。とその時、

ガサガサッ!!

??

後ろを振り向くとパミ太が前輪ブレーキに大量の草をはさんで走ってる・・・
よれてこけそうだったらしい 笑

それから小腹が空いたので常呂のセブンでパンを買ってウォーマー着けて北見へ。

帰りは追い風ー!例の如く高速巡航開始。

常呂~北見の中間地点の日吉でパミ太が先頭へ出てこなくなる。振り返るとしんどそうな顔。

その先のプチ坂を登ってパミ太と二度先頭交代。しかしその後は一人逃げ状態。

パミ太は付かず離れずの微妙な距離を保っている。自分も追いつかれまいと時速40キロ以上を維持して必死に走る!

最後はアタックで終了~。ここまでのアベレージは35.1キロ。

20キロくらいほぼ単独で走った。今日は良い練習になった気がする。

いや~一人で時速45キロとか50キロくらいを維持して走れるようになりたいな~

そのためには毎日コツコツ練習練習!

明日も頑張ろう!!


北見~常呂~北見
Av 80.86
Dst 34.3
Tm 2.21.26

Recovery Day

昨日のエキサイトランと睡眠不足で疲労が溜まってます。

てことで今日は明日の練習に向けて回復走となった。

実験を終えてからパミ太と富里へレッツゴー!

てか最近また気温が下がったな~ 早く半そで半スパのみで走りたい・・・

定番富里コースだけじゃ距離が短いので、ちょっとだけコースを外れて遠回りした。

軽く道に迷う。どうやら曲がる道を一本間違えたみたい。

まあいいや、って感じで走ってたらいつもの道に無事合流~

今日は登りを久々にローギヤで登った。やっぱ脚にくるなー。



北見~富里
Av 30.5
Dst 49.24
Tm 1.36.45

明日は雨っぽい・・・マジかよ!

最悪・・・

先週は何だかんだあって思うように走れなかった。
てことで気合を入れて4時半に出発。国道を走り津別~開成峠・・・のつもりだった。

パミ太と合流し国道へ。端野でトラックがナイスタイミング! 思わず飛びついてしまった・・・

でもすぐに降りた。まずはアップしないと。

2日間走ってなかったから脚がピンピンしてるー。美幌までの登りをアウターで駆け上がる。



しかし事件は美幌で起きた・・・



実はこの日、北京五輪、佃咲江選手の壮行式が美幌で行われた。

美幌のモダを過ぎた地点でパミ太が言う。「そういえば壮行会どうなったん?」




・・・あーーー!!!



先輩と出席する予定であった。壮行会は6時開始。現在時刻は5時15分。

ヤバイ!!

とにかくすぐに先輩に電話。てかどう考えてももう間に合わない・・・

分かってはいるが、とにかく急いで北見に戻る。もうパニック。

多分美幌~北見区間を今までで一番飛ばしたと思う。さっき通ってきた山をフルダンシングで駆け上がる。パニック状態でリミッターが外れているのか、とにかく爆走。パミ太がちぎれる。

5時30分。

頂上で先輩にメールをして、パミ太と合流後一気に下る。

そこからはアベレージ40キロ以上で高速巡航。ずっと微妙に向かい風。

5時50分。

端野に到着。この時点でAv34.6! はええ・・・
しかし時すでに遅し。諦めて端野からダウン。

6時10分。

家に到着。

・・・本当にすみませんでしたm( _ _ )m

てか俺最悪じゃん・・・

その後先輩に電話で謝罪。
もう約束をすっぽかしたりしないようにします。

北見~美幌~北見
Av 33.5
Dst 49.31
Tm 1.28.25

結局今日も半端な練習になってしまった。





先週金曜日は一人で開成峠を走った。車も少なく、いい道なのだが・・・

途中で事故があったみたい。大量の警官が道路をウロウロしてた。


北見~開成峠~津別~開成峠~北見
Av 32.3
Dst 59.89
Tm 1.51.42




それから土日は学祭だった。

焼肉レイノルズ美味しかったです!!

ウッチーありがとうね☆ 楽しかったわ~

晴天な一日

今日は晴れ!

午後の実験の後、津別へとくりだした。

サイクリング in Hell を終えて一日休んだ脚はハッスルしてた!

往路は向かい風。でもアップとダウンの時以外はずっとアウター。上り坂も高ケイデンスで登る。

暑すぎず寒すぎず。ほんまに良い天気だった。

走ってから学校のジムに行って筋トレするつもりだったから、あまり距離は乗れなかったけど・・・

でもジムに行くと大量の人・・・結局筋トレは明日に持ち越し!

最近は日が長い!!


北見~美幌~若松~北見
Av 32.5
Dst 56.91
Tm 1.45.07

サイクリング in 置戸

サイクリング再履修!ということで今日も走りました。

メンバーは先輩と自分、パミに一年生のホ○カワ。目的地は置戸。

いつもの農道ではなく山と山に挟まれたハイドな道。

往路は追い風で話しながらのんびり走る。途中"モイワスポーツワールド"に興味をそそられ寄り道。

意外にも大規模な施設で、パークゴルフ場のほか球技場が二箇所、バンガローなんかもあった。しかも人がいっぱいいる! でもクリテリウムコースはなく、そのまま引き返す 笑

その後のT字路で先輩のフェイクにより、自分だけ右折。ワォ!? 他三名がその隙に左折し逃げが発生。

車が全く来ないコースなので、思う存分爆走できる。必死の追走により集団に無事復帰。

しばし会話しながら走る。

渕○先輩と大滝のレースについて話した。内容は重いギヤで登坂することの重要性について。最近大会もあり、自分も疲れを残さないため自然と軽いギヤで登りを練習していたことに気づく。

大切なアドバイスとなりました。ありがとうございます。

置戸と留辺蘂を繋ぐ国道242の上り坂で集団が活性化。そのまま高速巡航して置戸へ向かう。パミ太がしんどそう。一年生はさすがにちぎれる。

置戸で補給食を買い、温根湯を目指す。自分は初めての道なのでなんかワクワクする。

置戸と温根湯を繋ぐ山で一年生が果敢に先頭へ出る。結構頑張っているものの、登りの中盤辺りで遅れ始める。先輩の檄が飛ぶ。

昨日の疲れが多少あったものの、登りは調子がよくアウターで登る。そしてそのまま下りへ。

先輩と高速巡航し、パミ太をぶっちぎる!!先輩のDHスタイル!速い!!

温根湯で一年生と合流したのち、北見に向けてローテを組む。復路は向かい風。

いつの間にか空も晴れてるー

一年のホ○カワの力量を試すべく40キロ巡航が始まる・・・

留辺蘂を過ぎ、高架橋を越えた先でホ○カワがちぎれる。パミ太もいよいよしんどくなってきた!

ここで先輩のアタック!!先輩と二人で逃げる。いや~しんどい・・・

なんか初心を思い出すしんどさでした。

最後は夕陽丘通りを流してサイクリング終了~☆

一年のホ○カワ君はいいものをもっている。まだまだ素材の段階だけど、これからが楽しみです。

結局今日も良い"練習"になりましたね 笑



北見~置戸~温根湯~北見
Av 98.29
Dst 30.4
Tm 3.14.11

サイクリング in 仁倉峠

今日は疲れた心と体を癒すため先輩主催の元"サイクリング"を行った。
向かうは知る人ぞ知る仁倉峠。

九時に正門に集まる。どれだけ人数が集まってるかな~

四年生が1名、三年は自分とパミ、二年が3名、一年が2名、そして渕○先輩の計9名。あれ?ブ○ジがいない・・・
目指せ全員集合だったが。でも、このところほとんど単独での練習だったので集団で走れることが嬉しい。

天気はあいにくの小雨。せっかくのサイクリングだから天気が良い中走りたかった・・・

7号線を通り、途中仁倉に抜ける道道655号線へ入る。この辺りから道がビショビショ。

そしていよいよ仁倉峠。実はこの峠、下りが舗装されておらずかなりエキサイトである。

舗装されてない下りに入る。ガタガタガタガタ・・・・! ボトン! キー!・・・ガシャーン!

先輩は勢いよく下っていく。

自分は下りが苦手だから怖かった・・・

下りを終えるといよいよ雨も本降りに。全身びちょぬれになった時のあの開放感は何なのだろうか・・・
みんなやたらとハイテンションw 水たまりにわざと入り水を跳ね上げ後続を攻撃! パミ太の悲痛な叫びが聞こえる。

と、ここで一年生がまさかのパンク。常呂に続く国道238号線の合流点。信号は赤。

ここで一年生を待つのか!?選択は先輩にゆだねられた・・・

信号が青になる。(待つのか・・・待つのか・・!?) 何事もなかったかのように集団は走り始める・・・

すまねえ!! 寒さに勝てませんでした。

そこからはペースが徐々に上がり始める。常呂のセイコマでパンを買った後、北見までの残り40キロをローテーション。いつものように40キロ巡航が始まる・・・

気がつけばメンバーは先輩と自分、パミ太のいつもの三人。やや起伏がある道で、自分としては結構好きなコース。

途中ショートカットしてた後輩と合流するも勢いは止まない。北見常呂線のプチ坂でパミ太がちぎれる。何とかくらいつく一年生もその後ちぎれ、先輩と自分の二人に。

結局最後まで踏み倒した・・・

いや~楽しい"サイクリング"だったね、と先輩。

結局良い"練習"になってしまいましたね、と自分。

次は天気の良い日に走りたい。



北見~仁倉~常呂~北見
Av 30.6
Dst 93.04
Tm 3.02.03

これから一年間・・・

悔しかった。正直今でも悔しい。

6/8に大滝でツールド北海道選抜選手の選考レースが行われた。
一年間の努力の試されるレースだ。

前日に大滝入りしコースを試走。今年は事前の試走が規制かかってたけど、役員の人に許可をもらった。

久々に走る。去年のツールド北海道市民レース以来の登りだ。緊張感が高まる・・・

その日はユースの温泉に浸かってのんびり、ご飯を食べて野菜ジュースを飲んで、手作りクッキーを食べて・・・・10時には寝て当日に臨んだ。

大会当日。会場までの道のりでアップをし、後はローラー台で準備完了!

スタート地点に並ぶ。自分の目の前にはあの山○選手。緊張の中いよいよスタートした。

脚の調子も良く順調だった。しかし3周目の激坂のコーナーで落者。7周目でも再び落車をしてしまった。それでも最終回までは選抜圏内である4位でくらいつく。

でも明らかにスピードがのらない。なんていうか、ペダリングがうまく推進力になってない感じ。
後で分かったことだが、ブレーキパッドがホイールに接触した状態だった・・・

最終回は気が遠くなる程登りが長く感じた・・・○輪選手とアダム選手からちぎれてしまい単独での走行。
そんなにきつそうな顔をするな!と監督の檄が飛ぶ。

でもちくしょう

下りでどうきゅうの選手二人に捉えられてしまった・・・

二度目の90度コーナーで追いつかれ内○選手に抜かれる。

くそ、くそ!あともう少しなのに・・・!

でももう脚が残っていない・・・頭の中はカラッポだった。

激坂手前で○原選手がアタックし、突き放される。

ゴールの前では走り終わった選手や観客の人が拍手で迎えてくれた。そのまま6位でゴールとなった。

涙が止まらなかった・・・悔しくてしょうがなかった・・!!
後もう少し・・・もう少しだった


去年は先輩が選抜入りするのをゴール横で見ていた。このレースのあまりの厳しさに正直ビビりながらも、来年は自分も・・・と心に誓った。

完走すらも厳しいこのレースで上位に入れただけでも大金星かもしれない。
でも勝つために努力してきた。いろんな人が応援してくれていた。
なにより先輩がいる最後のこの年で、勝って先輩への恩返しにしたかった・・・!

正直本気でレースをするのも今年で最後にしようかと思っていた。来年は就活だし、学生として最後の一年を楽しもうかなって。

でも俺はもう一度大滝の舞台に立ちたい。今そう思う。

そして勝ってツールに出てやる。

あともう一年自転車に世話になろう。来年は先輩がいないけど・・一人でどこまでやれるのか。

この悔しさを忘れないために、今の気持ちをブログに書き込んだ。


勝つためには"覚悟"がいるけど、去年ゴール横で"覚悟"を決めたように、今年も・・・

「My Dreaming Road」


最後に、応援してくれた皆さんありがとうございました。

サポートしていただいた小○さん、ありがとうございます。それから大声で応援してくれたブンジにパミに後輩たち。本当にありがとう。

励ましてくれた○場さん、ありがとうございました。お世話になりました。これからもよろしくお願いします!!
献身的に応援してくれたウッチー、ありがとう。マジで元気づけられてました。

そして先輩、本当にお疲れ様です。残された時間、存分に走って、楽しみましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。