スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Horse Rider

8時。文司家集合。

いやー久々のブンジ君ですよ!

なんか阿寒クリテとか網走クリテとか。

あまりに意味不明な練習をしてるブンジ君ですよ。

でもそれだけの練習してるだけあって流石に脚があるって分かった。

ついに野性に目覚めたか・・・。

今日は置戸。60キロ。

風向きは往路が向かい風で結構強かった。

国道39号を出発。

いきなりバスが目の前に来て、行くのか行かないのか~?って感じ。

結局行かないと見せかけ、ヨンさまの店を左折したとこで一気にダッシュ!

うきゃ~!!

ナゾな逃げをする自分。やっぱ誰かとの練習はテンションがあがる。

そのままのペースで南大通りに出たとこで信号につかまる。

昨日の疲れでカチカチの脚が、さらにカチカチになる・・・。ちーん。

さすがにキツいってことで市街地はゆっくり走ることに。


で、上常呂の町を抜けたあたりから踏め踏めー!!

いや~でも風が結構強いぞ。

結果時速35キロくらいでいっぱいいっぱいに。

日出のローソンの信号で引っかかって小休憩。

で、訓子府まで踏み込む。

ブンジは流石にちぎれることは無い。

そのまま置戸まで頑張るつもりだったが、脚がすでにプルプルに。

ここでブンジの出番だ!

お!おお!はえー!

時速40キロくらいまで加速し、そして減速する。笑

それでも向かい風区間で37キロとか維持してたような・・・。

その後何度か先頭交代して、噂の砂利道突入。

砂利がけっこうデカイ。

自分は車を無視して走る。

そしてブンジは車待ちに引っかかる。

しばらくブンジがいないことに気づかず走ってた。

置戸手前の結構な直線道は風がMAXで、きっつかった。

最初の半分くらいブンジが引いて、その後自分が引く。

そしてその先の坂道で踏み込む。

ぶっちぎるつもりが・・・、大してパワーも出ずにそのままズルズルと下りへ。

下った先の上りでもう一度踏み込む。

シッティングから最後は立ち漕ぎ!

でもしっかりブンジは付いてきてるし。いやー体力ついたんだな~と関心。


その後置戸のセブンで休憩~。

脚の筋肉がヤバそうだったので、エスカップ。

帰りは追い風。いつもなら風に乗って一気に帰るとこだが、今日は無理だった。

脚が言うことを聞かない!

これは本当に自分の脚か?って思ってしまう。

結局農道をブンジとしゃべりながら走った。

最後のほうでダッシュを入れる。

そうしたらブンジが暴れ馬モードに。

上常呂のセブンでアタックしまくって終了~。

今日はきつかったー!



北見~置戸~北見
Av 32.4
Dst 70.96
Tm 2.11.24

帰りにブンジ君からマイクをGET!

スカイプすげー!!

サンキュー!
スポンサーサイト

ザブングル

見てみいこの脚!カッチカチやぞ!!


北見に戻ってきて早6日。この数日は研究が忙しすぎてまともに走れなかった。

で、今日は気合を入れて網走してきた。

そしたらカッチカチやぞ!!!

はい。

脚はサラ脚を通り越し、すでにプヨってきてた。

考えてみたらこの3週間、週末に一回しか走ってなかったから無理も無いか・・・。

先週の六甲はガンガンいけたのに~。

どうやら3週間目はぷよるようだ。

出発は2時。往路は向かい風。

端野を抜ける坂道で、すでに脚がうまく動かない。

しかも心肺も結構落ちてしまっているのか。

なーんかイライラ。

坂を上りきって、下りの途中で左折。ここから網走端野線で網走へ向かう。

この道は基本的に登り基調。平均30くらいで走る。

一本目の上りもアウター。ガツガツ踏む!

で一気に下る。が、スピードが乗らない。

モモの筋力も相当落ちてるな・・・。でも頑張ってふみふみ!

ずっとふみふみ。そうして網走。

久々だ~。ローソンは寄らずにスルー。

こっからは追い風!

網走湖沿いは軽めに走る。以前はかるめに走っても40くらいだったのに、今は35くらい。

網走湖沿いを抜けたあたりから、再び踏み出す!

で、女満別の道の駅で休憩~。

コーラうめー!

女満別を抜ければ完璧追い風だ。

風に乗って下ってると、信号でトラックが・・・。

自然とやってしまった。

国道から橋を渡るとこまでワープ。

トラックから降りたら、そのトラックがそのまま自分と同じルート通ったからちょっとショック!

まあ、ドラフティングするより今は自分の力で走らないと。

後は追い風だからガンガン踏み込んだ。

今日は端野も追い風気味だったから、帰りも楽だった。

結構本気で走っても今はこれが限界か・・。

それにしてもしばらく走らないと、体力が戻るまでが大変。

だからここは頑張りどころ。

早く体力戻らないかなー!?



北見~緋牛内~網走~美幌~北見
Av 34.7
Dst 87.94
Tm 2.32.02

明日はブンジと練習!

Mt.rokko

一週間ぶりのまともな練習。

ただ暑すぎて毎日汗かきまくりだからそんなにプヨってはいない。

今日は先輩とのライドだ。しかも先輩が普段使ってるコースを案内してもらった。

もーめっちゃ楽しみだった!

コースで言うと、

西宮→船坂峠→三田→青野ダム→篭坊温泉→栗栖(笑)→川西→宝塚→西宮

みたいな感じ。

先輩のブログによく載ってて、一緒に走ってみたかったコースだ。

八時に先輩の家に集合。

兄の家から先輩の家までは10キロくらい。

でも結構な上り坂を上らなくてはならない。結構っていうか・・・かなりの坂か。

しかも路肩が最悪の割に交通量がハンパ無くて。

あそこはすげー。

先輩の話だとここの坂は一番楽らしい。あれ以上だとどんな坂なんだ!?

さて、先輩の家をさ迷いながらも何とか発見。出発だ。

県道82から国道176号へ。以前西宮から広島まで帰った時と同じ道だ。

出発してすぐに六甲の山に突っ込む。
六甲を走る

県道16号から県道82へ左折後、しばらく上ると超急勾配のグネグネ道。

なんとかシッティングですごすも脚にかなりのダメージが残る。

ゆっくり安全に下ってたら、先輩が超スピードで下ってきて一瞬で見えなくなった笑

船坂小を過ぎ信号手前で合流。右折。

しばらく続く下り坂で横を通り越すトラック。

きらーん。

暗黙の了解の如くトラックの背後へ。

はえー!!

そうして北六甲?の町並みが眼下に広がってきた。

背中のデジカメで撮影しようと思ったけど、こけそうだからやめといた。

細い下り坂をくねくね曲がって国道176に合流。

三田、新三田を目指す。

追い風でスピードに乗る。

でもテンション上がってガンガン踏み込んだ。けどスピードメーター無いから何キロ出てるか分からん。

10キロくらい先頭で引っ張る。

そうして国道176から県道308号へ左折。

青野ダムで休憩~♪

本日一本目のコーラ。

青野ダムはバス釣りで有名らしくて、今日も沢山の釣り人がいた。

なんでも釣りのプロも練習に来るらしい。

そしてここのブラックバスは人間よりもルアーに詳しくて、ルアー見るだけで逃げてくらしい。w

天気も良いし、記念撮影。
青のダム 記念撮影

もう一枚。
青野ダム 記念撮影2

汗まみれのマイデジカメはいつまで持つだろうか・・・。

今日も汗でびっしょびしょだった。

ここからは、ダム沿いの走りやすい道だ。

先輩と喋りながらゆっくり走る。

仕事のことやシルベストのこと、実業団レースのことだとか。

次来るときはブンジをつれてくるとか、パミは関西に就職すべきだとか。

たしかにそうすれば関西で四人でチーム結成ー!!

そんなのもアリだな~。w

ダムをすぎてからは、ほのぼのとした道が続く。

ここらはみんなの定番コースらしくって、色んなチャリダーとすれ違う。

BR1の人もたまに走ってるらしい。北見じゃウチの部員ともすれ違わないのになー。

しばらく山の中を走って、篭坊温泉の前を通り、さらに山奥へ。

ここの温泉は今では寂れてるが、昔は有名だったらしい。

しばらく山を上ると国道173号に合流。

ここで切れかかった水分を調達。

本日2本目のコーラ。

国道173号の最後の上り坂をすぎれば、こっからはずっと下ってくらしい。

坂を上り、トンネルをくぐる。

・・・・向かい風だ。

それでも踏み込む。ローテーション組みながら高速巡航。

で、能勢町のローソンでトイレ。

ここの交差点。よく見ておけと先輩に言われる。
わが故郷

ん~?
栗栖

く・・・栗栖・・?

爆笑。

ここはなんと我が故郷だったのだ。

しかも読み方はkurisuじゃなくてkurusu。

パチもんだ。

でこの先の道の駅の名前は「くりの郷」。

どんだけくりっくりなんじゃいー。

そんな感じで爆笑してたら、信号に引っかかったトラック発見。

迷わずくっつく。

でも結構なアップダウンで、先輩がトラックから離脱。

でもでも、後ろでまたくっついたぽかったからそのまま残る。

てかここはトンネル多すぎ!

トンネル抜けたらまたトンネル!5、6箇所くらいあっただろうか。

トンネル内でのドラフティングはさすがに怖かった・・・。

特にトンネル内の下りでスピードが上がる区間はヤバス。

まあおかげであっという間に山を下り街に出て来た!!

そっからは話しながらゆっくりくり~。

川西で右折し宝塚へ。

宝塚大劇場の前を通って、路地を曲がって曲がって。

もう頭の地図はグチャグチャになる。

そういえば、大劇場の前に人がいっぱい立ってたけど、あれは決してバス待ちの人ではないらしい。

いわゆる追っかけらしくて、歩いて出てくる宝塚の役者を狙ってるそうだ。

暑いのにご苦労様だ~。

宝塚から先輩の家方向に直接続く道で、最後の追い込み。

距離にして5キロくらい。

最後の上り坂で先輩にアタックかけられる前にアタックして逃げた。


てかてか、先輩は週末しか走れてないのにやっぱり速いです。

流石に大学時代までとはいかないけど、仕事と両立できてるからスゴイ。

自分もそんな風に自転車に乗っていけたらなー。

でも自分の目指す仕事からすれば結構厳しいのか?

いやいや、出来る限りはやっていこう。


その後7時にガストで一緒に夕食。

ゴールデン合宿とか北海道で走ったことで盛り上がる。

なんか自転車のことでこんなに盛り上がれるってすごいんじゃないかって思う。

ほんと有難いことである。

やー笑った~。

いつかまたみんなで合宿やりたいですね!

今日もご馳走様でしたm(_ _)m

明日は職場見学!頑張ろう。



西宮~船坂峠~三田~青野ダム~篭坊温泉~川西~宝塚~西宮
Dst 100キロくらい

サイクリング in 京都

京都だ!ぶんじだ!うまだ!!

今日はブンジ君の故郷とされる京都に来たのだ。

しかもしもかレンタサイクルだ!

あえてロードを持って来ずにレンタサイクルですよ。

一度やってみたかったのである。

今回の京都ぐるっとツアー。京都の下見とかも兼ねてだ。

街に慣れてない自分は下見しないと落ち着かないんです。

昨日大まかな計画は立てたから完璧。だと思う。

あとはレンタサイクル屋で地図でももらうとしよう。

朝9時に家を出て、阪急、JRと乗り継ぎ10時30分に京都駅着。

だはー。修学旅行以来だ。

京都タワーが懐かしい。

今日行くレンタサイクル屋は京都駅から徒歩3分。

「京都サイクリングツアープロジェクト」だ。

なんだか小洒落た雰囲気の店だった。

早速レンタル!

マウンテンバイクのスペシャルクラス!どうせなら一番良いやつだ。

2000円!?

キャノンデールのマウンテンなら安いもんだろ!

ってことで借りました↓
きゃのんでーる

もう・・・・・・・・軽い!!!!

スイッスイだぞこれは。

地図を100円で買わされてしゅっぱ~つ!

まずは清水寺だ!

以前実家に帰るときに走ったからなんとなく道は覚えてる。

駅から東側に少し行ったとこに清水があるのだ。

テキトーに走ること10分。

早くも暑さの限界に。汗が止まらない。

コンビニで水分ゲット。

で、清水到着。
清水寺

日本の伝統技術ってすげ~。

修学旅行生で溢れてて、なんか自分もそこに混じってた。w

清水周辺はいかにも京都!って風情の道が沢山あって、歩くにはもってこいだ。
下町風情

1時間近くウロウロしただろうか。

石畳に人力車・・・。
人力車

人力車を押す兄ちゃんの脚はガッチリしてて、いかにも強そうだった。笑

はい。次は銀閣寺だ~!

これまたテキトーに走る。

テキトーに走りすぎて民家に突っ込んで、気づいたらお墓にいた。

やばい!!Uターン!

今度は柳が小川の両端に茂っててめっちゃキレイ!
柳小川

でもここはどこだ!

100円地図を駆使しながらなんとか銀閣寺へ。
銀閣寺

残念ながら銀閣寺は現在修復工事のようだ。

でもこれって宮大工の仕事なのかな?

どこの会社がやってるのかすんごい気になった。

銀閣寺はお堂もさることながら、庭が非常にきれいだった。

はー・・・。

ここはマイナスイオンが大量発生しているに違いない。

さあさあお次はどこだ?

ここから西に行くと・・・下鴨神社。世界遺産。ここだ!

一本道だったから迷わず到着。

これまでとは打って変わって人がいない!

世界遺産とはいえ、かなーりマイナーなようだ。

しかし、人が少ないほうがノンビリ出来る。

両脇にはスギノキがずっと先まで並んでて、

木漏れ日の射す道をノンビリ歩く。

鳥居をくぐると朱塗りの壁が見えてきた。
下鴨神社

すげ~~。さすが古都京都だ。
下鴨神社2

マイナスイオンもMAXだ。

しばらくゆっくりした。

時刻は3時。

そろそろ金閣寺へ向かう。

西へ。紫明通から鞍馬口通をとおる。マウンテンバイクは快調だ。

あっという間に金閣寺。
金閣寺

金閣寺は今日もピッカピカで、ピッカピカだ。

でも庭の作りに関しては銀閣寺の方がずっと上だな~。

ここらから腹ペコの足音が聞こえ始める・・・。

最後は嵐山。
おっちゃんと橋

嵐山は・・・虫が多かった・・。

紅葉シーズンで賑わうだけに、今の時期は微妙だったかな。

しかも雲の動きが怪しい方向に。

なんだあの黒雲は・・・。

危険を察知して足早に逃げる!

でも京都駅までは結構な距離。

しかも道が分からないときた。

ごろごろごろ・・・・ざー・・・・。

どざーーーーーー!!!

やべー!

夕立?いや、ゲリラ豪雨か!?

そうして1ゲリラGETしてなんとか京都駅に戻ったのであった。

やっぱ京都は雨降るのね!腹へった~。

follow the wind

むにゃむにゃむにゃ・・・

二度寝ーーー!!!

でもでも、今日はしっかり見学のアポを取ったからいいとしよう。

てかそろそろ体を動かさないとやばいな~。

ということで、家の周辺をウロウロしてきた。

道も考えず、時間にとらわれることもなく。

好奇心のままに。

そう、自由気ままにだ!

思えばこれが自分にとっての旅の原点だろう。

いまでこそ計画的に旅しているが、

もともとはノープランが自分のスタイルだった気がする。

まあでもどうせだったらということで、宝塚劇場にでもいければいいかって感じで走った。

今日も相変わらず快晴で、暑すぎるくらいだ。

午後4時を回り、道端には子供が、おっちゃんが、おばちゃんがあふれてた。

景色の良い川沿いを走る。

右に左に犬の散歩。

で、適当に走ってたらあっけなく宝塚大劇場が出現。

こ・・・これが有名な・・・!!
宝塚大劇場

・・・ほんとにコレか?

なんかイメージよりパっとしない建物だった。

本物かどうかは定かではないが一応写真に撮る。

本日の目的は達成したから、あとは適当に走る。

国道は車が多いから脇道へ。

な~んか実に平和だ。

昔懐かしい光景が広がってた。

そうして気づけば再び国道に。

直進が国道176号線。三田。

どこかで聞いたような・・・。

左折が県道51号線。有馬。

・・・・

こ、ここは六甲の向こう側じゃねえか!

やべ~。さすがに私服で六甲周辺はきびしー!

てことで引き返した。

で、気ままに走ってたら見覚えのある道に。

無事もと来た道に帰ってきたようだ。

その後も気ままにフラフラ走ってたら、

なんだか体が本当にフラフラしてきたぞ!?

やばい。油断すると車か歩行者にぶつかる・・・。

ハンガーノックだった。

危なかったからさっさと帰って補給。

それにしても知らない街を気ままに走るっていいもんだ。

明日は京都でレンタサイクルでもするかな~。

自分自身

牛乳~~飲みて~。

沖縄合宿以来、疲れを抜くには牛乳も大事!という先輩の理論を聞いてからというもの、自分は牛乳信者だ。

でもみたらし信者でもある。(笑

てことで、夜中にセブンに足を運ぶ。

兄の家からセブンまでは徒歩3分。

合鍵を渡されてたから、家の出入りは自由だぜ!

・・・とは言うもののここは住宅街。

知らない顔の男が夜中フラフラ歩いてたら通報されかねないわけだ。

そんな通報されないだろうって思っても、

不審者通報って実はよくあるっぽい。

あれは、そう。津山で野宿をした時だ。

今年の3月に沖縄合宿をした。で、西宮で先輩と別れた後、広島まで自走で帰ったのだ。

西宮~津山~広島(実家)って感じで。

宿代をうかすために野宿を決行した俺は、自然の厳しさに打ち砕かれる。

気温は氷点下に限りなく近かった。

防寒具も無く、ありったけの服とカッパを着て。

鋼鉄製のつめた~いベンチに横になる。

どこでも眠れる自信があった自分だったが、こればかりは無理だった。

寒すぎる。当たり前だが・・・。

身の危険を感じた俺は警察署に駆け込み、一晩を明かしたのだ。

時刻は深夜12時前。

にもかかわらず、警察署には色んな通報が10分おきくらいに流れてくる。

警察署ってこんな感じなのかーって思った。

路駐やら、喧嘩やら、不審者やら。

ずっと無線で流れてて、俺もあのまま公園にいたら不審者扱いされて警察に来ていただろうな。

ましてやここは都会だ。

いつ警察が来るか分からないぜ。(笑

居候させてもらってる手前、人に迷惑をかけるわけにもいかない。

兄もいつの間にか結婚して、子供ももうすぐ産まれる。

自分もついにおじさんだ。栗おじだ。

来年には自分も働いてる予定なわけで。

自分の行動に責任を持たなくちゃね。

て言ってもまだ院に行く可能性もあるけど・・。

それでもちゃんと先のことは考えないといけない。

じゃないと生きていけないもんな~。

その上で、大切なことって何だろう。幸せって?

今は自転車に夢中で、自分の時間を自由に使えて。

学生の特権だ。

でもこれからは社会人。

学生みたいに自由なわけない。

それでも自分の好きなことが出来て、自分の夢を追って生きていくことができたら。

それって幸せなんかな。

少なくとも自分自身は幸せだろうな。

でも自分のことだけ考えてていいのか?

むむむむむーー・・・。

ブンジやパミがこれまでやってきたであろう事を、ようやく始めました。

あーー。

極寒の中野宿したみたいに、単純で好奇心旺盛でいたいなー。

社会に出るってどんなんだろう。

Team

3日前くらいに梅雨入りのニュースが流れてた。

なのに一昨日は晴れ、昨日も晴れ、今日も晴れ。

明日も晴れ予報。

ん~。本当に梅雨入りしてんのかな~?

北見のほうがよっぽど梅雨らしい天気が続いてる・・。

まあでも晴れは歓迎。晴れ最高!

兵庫は最高気温28℃くらい。メッチャ暑かった。

今日はそう!先輩と久々に走る日だ。

JR西ノ宮駅で待ち合わせ。

10分前についてしまった為、周辺をウロウロ・・・。

そしたら背後からどーん!

おー!お久しぶりです!
クラブシルベスト

クラブシルベストのジャージかっこえー!

てことで、11時。淡路島に向けて出発。

道が全く分からないから先輩に案内してもらう。

で、真っ直ぐ走るところは自分も先頭に出る。

自転車に乗るのが1週間ぶりだったから力が有り余ってた。

でもメーターが無い。

だからどのくらいのペースで走っていたかは分からない。

とりあえず43号線に乗って明石方面へ。

途中から2号線に合流。

須磨までは信号が多い。

けど、色々話しながらかっ飛びー!

で、明石海峡の麓でフェリーに乗る。

フェリーも沖縄以来だ。たのし~♪

そしてついに上陸淡路島!!
淡路島

これが淡路島か~。海が思ったよりキレイだ!

島独特の平和な雰囲気があって和む。

沖縄みたいだ。w

前走ったほうが景色よく見えるで~、とか騙されて先頭を走る。(笑
自由の石仏

途中デカイ石仏が出てきて笑えた。

洲本まで30キロくらい。

ここで水分補給をする。今日は本当に暑い・・・。

1週間ぶりだったから汗の塩分濃度が以上に高い。

目が痛かった。
洲本 記念撮影

とりあえず記念撮影。

で、その後すき屋で昼食。

ネギトロ丼みたいなのを食べる。

しかも先輩にご馳走になってしまった。スミマセン。ありがとうございます。。

この時点で3時くらい。

洲本からは東海岸に別れを告げ、内地へ入る。

今日は時間的に1周は無理なのでショートカットだ。

少し山に突入。

上りはゆっくり。

で、道に迷いながら坂を下り西海岸へ。

こっからは集中モード。

ガンガン先頭を引きまくる!!

距離も地理も分からないから結構しんどかった。

でもペダリングがスムーズだったと思う。

おニューシューズのせいかスピードも乗ってるぞー。

先輩はムシ?がお口にゲットインしたらしく、水で口内洗浄してたらしい。

西海岸を走ること1時間くらいか。ついに本州が見えてきた!

そしてあのデカイ橋も視界に。

四人組のチャリダーを抜かしてゴーーーール!

だひゃー!!目が痛い!汗が痛いぞ!!

ファミマで顔を洗って、飲み物と補給を買った。

脚はすでにクッタクタだ。

5時。

ギリギリフェリーに間に合った!と思ったら定員オーバーであうとー。

しょうがないから防波堤で20分おねんね。

次は無事乗れた。
たこふぇりー

たこフェリー・・・・。

先輩に明石海峡大橋が何mあるかクイズ出される。

当てたらマドン、じゃなくてリドレーくれるって。

よーし。う~~ん・・・。



400m!(せいかいは4km)

・・・・・・。

まじでボケた回答をする俺。

すでに脳に酸素が通っていなかったようだ。



で、6時頃に本州上陸。

ここから西宮まで残り40キロ。・・・残り40キロか・・。

途中先輩のアタックがかかりつつも7時30分頃に無事到着。

やっぱ先輩と走るとガッツリ飛ばせるから最高。

脚を使い切って心地よい疲労が。w

今日はフェリー代から何まで払ってもらってありがとうございました!!

また走りましょう!お疲れ様でした~。



西宮~淡路島~西宮
Av 30.5
Dst 172
Tm 5.50.00

新幹線ひかりレールスター

はえ!はえ!

新幹線はえー!

一人で乗るの初めてだったんで、はしゃいでしまった・・・。

そしてやはり寝てしまった・・・。

新神戸に着くのが16時30分。

目が覚めたのが16時26分。

かなり焦った・・・。

ギリギリ寝過ごさずに新神戸で降りる。

そこから三宮まで神戸市営地下鉄乗って、西宮北口駅まで阪急神戸線に乗る。

駅で道に迷って人に聞きまくった。

無事西宮北口駅に到着。

自転車担いでたから大変だった~。

しかも暑い。腕がプルプルする。

ここからは兄の車でお家へGO!

いったん荷物置いてから、うどん屋へGO!

讃岐うどん金比羅製麺へGO!


以前四国を走ったときは1日で愛媛から香川を通り徳島まで走った。

だから讃岐うどんを食べたことが無い。

兵庫で食べることになるとはね~笑

俺が選んだのはおろし醤油うどん。
金比羅うどーん

ネギとか天かすとか、かき揚げとかおにぎりとかをセルフで選ぶシステムだ。
うどんのセルフサイドメニュー

麺なんかはその場で打ってて、作りたてのものが味わえる。

お味は・・・

当然うんま~い♪

しかも安い!付け合せ無しなら、並で390円くらいだったっけ?

今度また自転車で来よう。

帰ってきてノンビリしてたら、なんとデザートをもらった。
めろーん

メロ~ン。

うんま~~~い♪

満足です。

明日は先輩とレッツラン!!

マジで楽しみでしょうがない。

そろそろ運動したくてウズウズだし。


そういえば北見ではブンジ君が阿寒クリテやってた。

雨なのにあのヤル気はすごい!

北見に帰った頃には完璧に野生に戻っていそうだ。

パミはしっかり練習してるんかな?就活でそれどころじゃなさそうだったけど・・。

俺も気合を入れるぜ!!

Identity

広島の風。田舎の風。

この落ち着く匂い。

2ヶ月ぶりに実家に帰ってきたが、やっぱ実家はいいもんだ。

昨日なんて北見は土砂降りだったのに、飛行機から降り立ったら快晴。

あらここはどこ?沖縄?

あったけ~。

今日はパスポートの申請に行ってた。

そう、韓国遠征が決まったからだ!!

日付は未定だが、8月20日以降らしい。

頑張るぞ~!

てことでジャイアントに乗って町をブ~ラブラ♪

気温28℃・・・。暑い・・。

ゆっくり走ってたのに汗がダラダラ。役場で汗まみれになりながら申請をした。

帰ったらスイカがあった。スイカといえば塩!
スイカ

うんまい。夏だー!

明日は兵庫。明後日は先輩と走る予定。

ついに淡路島か~?

楽しみだ。そのまま沖縄に行きたい。

その後は京都で真面目に就活です。真面目に。

なのに自転車を持っていくってね。

北見に戻るのは24日。

今日が12日。

あれからもう3日が過ぎたのか・・・。

ありがとう!よろしく☆


ところでところで。

昨日ブンジ君のブログ見てたら、あれ?って思った。


・・・珈琲自転車人?


んんん?

おい!

コラ!

ぱみぱみぱみぱみぱみぱみ!!

随分前からブロブロしてやがったみたいだな~。

罰としてリンク張りました。

このブログの左側の、一番下の方にあります。

ついでにアドレスも載っけてしまえ↓(笑

http://blog.livedoor.jp/pamipamipami/

アドレスに爆笑だった。

あれから一年間・・・

去年の大滝からもう一年。

覚悟を持って臨んだこの一年間。

長かったような短かったような・・・、いややっぱ長かった。

四年間の集大成か。

全てはこの時のために頑張ってきたんだろう。

6月7日の大滝。エリートクラス4位。



―――夢、叶う!!!

北海道選抜選手入りを果たしました―――



北見を出発したのは6月6日の朝6時。

自転車の積み込みを行い、7時に出発した。

今年はエリートクラスに自分が、S2クラスにパミとブンジ、S3クラスに恭平ちゃんが参加だ。

サポートとして、1年の坂本とうっちとマリさんが来てくれた。

大滝まで400キロ近く。

昼食や休憩を含め、9時間かけて4時前に会場にたどり着いた。

あれから一年ぶりの大滝だ。

雨が降ってて、テントを張ってる係りの人以外に、選手らしき車がポツポツあるだけだった。

今は静まりかえっている会場。

ただ、この場に来ただけで緊張が一気に張り詰める。

明日には始まる運命のレース。

逃げ出したくなるような気持ちにさえなる。


今年のエリートクラスは12.9キロのコースを8周する。

去年より2周回少ない分、ハイペースなレースが予想された。

しかし、今年は例年に比べライバルの少ないチャンスの年だ。

選抜枠5位以内に何としてでも入らなくてはならなかった。


スタートフィニッシュラインの先のストレートで、ボトルの受け渡しの練習を少し行う。

サポートの応援と、ボトルの受け渡しはレースの勝敗に大きくかかわってくる。

選手からすれば、そんなサポートは本当に有難いものだ。

その後、今日泊まる大滝セミナーハウスに荷物を置き試走を行う。

時間と天候の都合から激坂を下っただけにした。

そうして風呂に入って温まって、夕食。

この大滝セミナーハウスは北大さんに紹介してもらったもので、今夜は北大と行動を共にした。

夕食後は濡れた自転車を整備し、明日の荷物をまとめてすぐに就寝。

寝る前に先輩から電話をもらい、励ましのエールを頂いた。

9時30分に寝る。

翌7日。朝6時に起床。

一度も目覚めることなく、グッスリ眠れた。

朝食を多めにとり、ササっと支度をする。

7時前にうっちとマリさんは来てくれていた。北大と記念撮影をし、足早に会場へ。

受付が8時、出走が9時30分からである。

8時30分前にアップをし始める。とにかくレースのことだけに集中した。

雨が降っていたが、みんなの協力により自分もパミもブンジもアップに集中できたんじゃないかと思う。

レース開始3分前。タンクトップをインナーに、アームウォーマーだけをつけてスタートラインへ。

先頭に並ぶ。隣は優勝筆頭候補の松○選手だ。

ふと、去年のレースのことを思い出した。

目の前には山○選手がいて、緊張で心臓が飛び出そうで。

でもどんなにキツくても耐えてやるって、覚悟を決めた。

今年もそうだ。

先輩はいなくとも、気持ちは去年に負けていない。

今年がラストチャンスなんだ。

そうして、9時30分にレースが始まった。

1周目。ひたすら松○選手の後ろにつく。

ペースはそこまで速くはない。これは自分にとってありがたい展開だ。

序盤から浮き足立っては、修正が利かなくなる。

まずは落ち着くことだった。落ち着いてコースと、風向きと、全体の動きを見る。

雨は少し降っていたがそこまで気にはならなかった。

それよりも濡れた路面と、後輪が跳ね上げた水が多少厄介だった。

1周目で気をつけるべきポイントはコーナーと激坂だ。

激坂の前で順位を落とし下る。

激坂の途中落車した選手が。白のウェア。DOKYUのチームだ。

自分の前にはNSRの日○選手がいて、ゆったりペースで下ってくれたので安全に下ることが出来た。

坂を下ってから、先頭集団までは日○選手に引っ張っていただいた。

先頭に合流後、スタートフィニッシュ地点で落車した選手が内○選手だと判明。

ディレーラーにトラブルが発生したようだった。

2周目。集団のやや後方に位置取ってしまったため、上りでスピードの緩急に合わせる羽目に。

でも脚の調子は悪く無かったと思う。

上りの先頭は松○選手と、去年の選抜選手である三○選手が固めて、

下りに入ると、江○選手やDOKYUの選手、輪駄の選手などの有力選手が交代に加わる。

しかし、そこまで積極的にペースは上がらない。

ここで、激坂の手前の坂で先頭に入ってしまったため、3番手で激坂に入ってしまう。

要所要所で速度を落とし、それでいて前の選手から離れすぎないようにする。

去年よりは下りはスムーズなはずだ。

そんな感じでしばらく集団は落ち着いたまま。

3周目に松○選手のパンクがあったものの、未だ大集団だ。

自分は前へ前への姿勢で上る。

4周目に入った段階で集団は10名ほどで、主要なメンバーは残っている。

そろそろ人数が減って欲しかったため、下りでも積極的にペースを上げようと試みる。

天気はいつの間にか回復し、道も激坂以外はほとんど乾いていた。

5周目。上りはじめで江○選手が飛び出した形に。

自分もペースを上げて追いつくと、後ろはついてきていない。

平坦部が向かい風で辛かったが、後続と少し差を保ったまま右折。急な坂を上る。

ここで集団に追いつかれたが、多少人数が絞り込めたはずだ。

だが毎周補給は行っていたものの、自分も確実に脚にき始めていた。

特に平坦部が引くにはかなり辛い状況だった。

頂上のアップダウンが2つ続くポイントでDOKYUの藤○選手が単独アタック。

松田選手が動かなかったため、自分は動かなかった。

6周目。気温が低かったためあまり水は減っていなかったが、ボトルを受け取る。

残り3周回。精神的に最も辛かったのはこのあたりだった。

みんなの声援を受け、自らを奮い立たせる。

上りに入り、ついに松○選手が動く。

集団のペースが上がる。平坦部を過ぎたところで藤○選手を吸収。

右折したところで再びペースが上がる。

自分はひたすら先頭の後ろにくっつく。

しばらく上りU字カーブを曲がったとこで、松○選手がさらにペースを上げる。

この時点で集団は分解。自分も息が上がる。

ここで反応できたのがDOKYUの織○選手とシクロペダリの江○選手だ。

自分は4番手だったが、前の3人からは少し離れてしまう。

辛い。

辛い。

辛い・・・!。

諦めてしまえば楽になれる。いっそ楽になってしまいたい。

でも、


ここで追いつけば選抜入りなんだ!!


ここが勝負どころ!


そう思って、死ぬ気で追いつく。

坂を上りきった頃には、後続は無く4人の先頭集団が出来上がっていた。


っっっしゃーー!!


下りは4人で回しながら、呼吸を整える。

右足の太ももが攣りかけていたが、あとは気持ちの問題だった。

7周目。

登りはペースが落ち着いたものの、それでも今までより速いペースだ。

かなり脚にきていて、上りでちぎれそうになってしまう。

でもここで踏ん張れたのは、それだけ選抜に入りたいという気持ちが強かったからだろう。

諦めるな!踏め!

辛くなるたびに、自分に言い聞かせた。

坂を上りきる。

後続とは40秒差だったか。

激坂の入り口から、後続の車が下ってきているのが見えた。

ホームストレートに戻る。

うっちが、マリさんが、ブンジが。みんなが声援を送ってくれていた。

残り1周!

定石通り、松○選手が一気にペースを上げる。

これには誰もついていけなかった。

いや、ついていけなかったけど、ついていかなかったのも事実だった。

勝負に徹するか、選抜を獲るのか。

自分はここで逃げてしまったんだろう。勝負に。

その結果が、4位だったんだな。


松○選手が集団から抜け、織○選手を先頭に坂を上る。

平坦部で自分が先頭に出るも、まともに引ける力は残っていなかった。

坂を右折し、U字ターンを二ヶ所過ぎる。

林から抜け、景色がひらける。もう一度カーブを曲がってしばらく直線の坂が続く。

まだ松○選手は前に見えている。

でも、自分の脚にパワーは残っていなかった。

坂が緩くなり、織○選手がペースを上げたところで自分が中切れを起こしてしまう。

江○さん、すみません・・。

江○さんもすでに脚が攣りかけていたようで、その先の勾配がキツクなる箇所で織○選手から遅れてしまったようだ。


待ってくれ。待ってくれ!!


ここで遅れては、去年の二の舞だった。

ここまで来て、それだけは絶対に嫌だ!

右に大きくカーブしたところで、死力を尽くして江○選手に追いつく。

織○選手は随分先に行ってしまっていた。

そこからは、二人で協力してペースを落とさないように走った。

この位置を死んでもキープするぞ!!と江○選手が叫ぶ。

直線の下りに入って、後ろを確認する。

誰もいない・・!

心臓が高鳴る。

90度コーナーを二度曲がる。

やはり後ろには誰もいない!!

夢にまで見たものが、もう掌のすぐそこまできていた。


あと少しだ!!


坂を下り、少し上ってからまた下る。

そして、激坂手前の上りが最後だ!

ここで江○選手が前に出る。

激坂が勝負所だった。でも、あえて自分から前には出なかった。

最終ラップで松○選手についていかなかった。そして、上りで中切れを起こした。

そんな自分が、ここで前に出る資格が無い気がした。

勝負の上で、そんなのは関係無いかもしれないけど・・。

こんなんじゃダメかもしれないけど・・・!

今の自分にはこの順位が妥当だと思ってしまったのだ。


激坂を下りきり、平坦に入る。

江○選手との差は5mほどだ。

ホームストレート。その端まで人が並んでて、自分達を拍手と歓声で迎えてくれた。

鳥肌が立った。

そして確信した。

自分は選抜入りできたんだと!!

仲間が、最後の声援を送ってくれた!

ラスト50m。

カラッポの脚で限界のダンシング!

そして・・・、

4位でゴール!!!!


嬉しかった反面、複雑な気持ちでもあった。

感動に浸って泣くこともなく、ただ呆然とコースを引き返すとみんなが出迎えてくれた。

そして、パミが携帯をおもむろに突き出してきた。

・・・先輩だ!!

パミとリアルタイムにレースの状況を聞いていたようだった。

先輩の声を聞いた瞬間に、これまでのことがフラッシュバックしてきて、

緊張の糸がはじけたのか、

涙が溢れ出して止まらなかった。

先輩も選抜入りした時もこんな感じだったんかな。

自分のことを本当の意味で理解してくれている先輩の言葉が、

心から選抜入りを祝福してくれたことが、

ただただ有難くて、嬉しかった。


学生最後の年で、夢を掴むことが出来て、

これまでの努力は決して無駄ではなかったんだなって思う。


あれから一年間・・・。全ては今日この日のために。


そしてこれからは、ツールド北海道に向けて。


まだ前を向いて走れそうだ。

応援してくれたみんな、本当にありがとうございました!!
222 4位クリス 道選抜決定!!!

逃げる奴、追いかける奴

沖縄ー。行きたいー。それだけ。
380 古座間味ビーチ 記念撮影


最近はずっとブンジ家に集合だ。

朝8時。着くとすでに恭平ちゃんが待ってた。

今日は久々にレースメンバー4人が集まるのだ。

ま、パミはいつもの事ながら寝坊だったが。

若葉下宿に侵入。パミ、寝ぼけ顔。でもしっかりランプレに着替えてた。

パミはお腹が空いてパミパミらしい。

さ~。今日からは調整に入りますよ。

レッツ富里だ!最近富里ばっかし。

まずはセイコマでパミのパミパミを解消する。

買ったのはもちろん・・・・
パミダンゴ

ゴマ団子である。前もこんな写真あったな・・・。

ゴールデン合宿以来、パミも団子信者だ。

もちろん俺もだ。

ブンジも最近そうだ。

京平ちゃんもそろそろか?


さてさて、パミが団子を食い終えたら出発~。

美山から道道7号線に乗る。上り坂は軽いギヤでくるくるくる。

下りはアメリカンDHスタイル!

ブンジが先頭に出る!踏んでる踏んでる!

坂を下りきると左折。

こっからは向かい風だ。

みんなで和やかに走ってたら、いつの間にか自分だけが飛び出してる状態に。

これは・・・逃げるしかないぜ。

逃げ始めると後続も反応したようで、追走の得意?なパミを先頭に追ってくる。

向かい風で上り勾配だからキツイ~。

時速30~35キロくらいで走る。

後ろを見ると相変わらずパミを先頭に追ってきてる。

むはー楽し~!

パミは追走させたらどこまでも追ってくる奴だ。

来てる来てる来てるって感じで、先輩がいる時はよくやったもんだ。

パミが追ってくる姿って、なんだかすんごく笑えてくるんだよな~。

結局自分の逃げはブンジのジャンプにより終わった。

その後は集団は落ち着き、テルベの交差点で左折。

二個目の上り坂で踏み込むと、反応したのは恭平ちゃんのみ。

にや。

またも逃げが発生ーー!

きゃー。

結局市街地に入るまで逃げ続けた。

市街地の信号で追いつかれたら、パミが興奮状態になって暴走しだして。

流し始めたとたんアタックって・・・。(笑

そんな感じで、流すはずの練習は終わった。



北見~富里
Av 30.1
Dst 36.76
Tm 1.13.28

a daring adventure or nothing

大滝まで残り3日。

今日が最後の追い込み練。距離を乗るのも今日が最後。

だから今日は集中!!

そう・・・。

少し寝坊・・・。

ブンジ君がたまらず部屋に押しかけてきた。

ごめんなさい。

7時15分出発。恭平ちゃんは授業。パミはぐっすりん。

体が平地を欲しがってたから常呂~網走コース。約120キロ。

ブンジも俺も研究室があるから予定帰宅時刻は11時。

今日は天気もよく、早朝のためまだ風は弱い。と言うかほぼ無風。

国道から常呂に続く道に入ると徐々にペースが上がり始める。

序盤はブンジと景気よく回し、アベレージを40以上に保つ。

そして、日吉を過ぎた辺りでブンジ君の援護が止まる。w

そっからはひたすら引き回した。

新品のシューズは相変わらずガッチリ固定だ。でもやっぱり足裏が痛い。

それにビミョーにクリートがずれてるのか、母子球で踏んでる感がイマイチ。

それでも今日は踏めばスピードに乗る感じだったな。

しかし、常呂の町並みが見え始めたあたりでパワーダウン。

徐々にペースが乱れ始め、時速40キロを保てなくなってきた。

時折ダンシングで回復を図るも、う~ん。

常呂セブン前でアベレージは38。

常呂からは西に進路を変え、能取湖を目指す。

ここら辺が結構向かい風。ペースが落ちたとこでブンジ君の援護が再会する。

しばらくすると能取湖のパーキングが見え始めた。

懐かしい。

網走のTTのコースだ。

あの時はもんのすごくシンドイ思いをしたものだ。

心臓が飛び出そうなくらいきつかったな~。

そんなことを考えながら、能取湖沿いを走る。

そうしているうちにあっという間にあばっしー!

いつものローソンを休憩することも無く素通る。

ブンジ君は以前静寂を保っているが、しっかりついているようだ。

こっからは若干追い風気味に風が働く。

女満別道の駅手前の坂。練習の成果を試すように踏ん張ってみる。

悪くない。スピードに乗るぞ。

そして背後から激しい息使いが聞こえ出してきた。

道の駅手前の直線道。アップダウンが少し混ざってて、ここを走ると飛ばしたくなるんだよな。

下り基調でスピードに乗せ、そのまま道の駅へGO!
女満別道の駅 コーラ

コーラ飲んで、水を足す。

自転車から降りると土踏まずに激痛が。

ソールが合ってないんかな~?自分は偏平足だ。

再スタートしたら、土踏まずが相変わらず痛かった。

大滝でこのシューズを使うべきか悩みどころだ。

美幌までは追い風で、スムーズにスピードに乗る。

美幌までもあっという間で、その先の上り坂も踏み込む。

ブンジは上り坂の中腹まで粘ってたみたいだが、そこでグッバイ。

てっぺんでブンジを待つ。

下りはブンジとしっかり追い込んだ。

で、緋牛内に入ってからは風も弱く、向かい風になるであろう区間も楽にクリア。

てか!アベレージが今日は高ーー!35以上って。

1日体を休めたのが良かったのか?

それとも風向きが良かったのか?

新品のシューズのおかげか?

いやいや練習の成果か?

う~~ん。

これでアベレージが遅かったら本番で前使ってたシューズを迷わず使うのにな~。

もう少し新品シューズで粘ってみるかな。

ところでブンジのほうは、まだ先頭交代の回数は少ないもののしっかりくっついてた。

結構体力が戻りつつあるんじゃあないでしょうか。



北見~常呂~網走~美幌~北見
Av 35.6
Dst 118.12
Tm 3.19.02

きっちり11時前に帰ってきて、その後は少し家でノンビリ。

1時前に研究室に行って学食行って。そしたらパミがいた。(笑

そうして研究室に戻ってみると、鍵かかってるし。

締め出しくらった・・・・。

しょうがないから図書館でウトウトしてたら荻原にパシャリ。
ウトウト

その後なんとか研究室に戻って論文読んでたら、なんと差し入れ。

アメリカンチェリー

アメリカンチェリー!!

さくらんぼ大好物。でもうっちはイチゴ派。

ありがとうございまーす。

で、7時過ぎに家に帰って、夕食。今日は手羽先と里芋の煮物がメイン!

いっただっきま~す☆

体調管理

レース前の体調管理は大事。こんなの当たり前。

当たり前だけど・・・難しいんだよな~。

今日も朝からみんなと走る予定だったけど。

電話で目覚めるも体が・・・。

次に目覚めたのはパミの電話。もうダメだった。

体が動かねぇ。疲労物質大爆発。風邪の一歩手前。

で、次に目覚めた時には15時を回ってた。

なんとか体力回復。風邪ウイルスが体に浸透しきらずギリギリセーフだった。w

今日は回復に専念するって決めて、香りゃんせ公園を1周だけして汗を流す。

それにしても今週は天気悪いなー。今日も雨が降りそうな曇り。

その後は学校行って研究室で、現在に至る。

研究室

はー。

そういえば、昨日走行データを眺めてたら、MAXスピードが273.6キロだって!

すげー、俺。(笑

あれだ。

時速200キロって言ったら、ロケットエンジン付き自転車の動画があったけど、それ並みのスピード。

レースで使ったらかっ飛びじゃん。

My shoes

虚ろな瞳。憂鬱な空。湿った道路。

柱の角に小指をぶつける俺。

そうして目が覚めた。

朝7時。ブンジは丁度部屋から出てくるとこだった。

それはそうと、今日はニューシューズ!

しっっっっかり脚が固定される。

でも土踏まずが痛かった。クリートも微調整が必要だし。本番に間に合うか若干不安だわ~。

ただ平地はスピードが乗る感じがする!

今日は仁頃山を1周だけした。1周37分20秒。

遅くも無く、早くも無い。微妙。

その後、野村さんでワイヤーケーブルを交換してもらった。

ブンジはワイヤーからブレーキシューからチェーンまで換えてもらってた。

変速の軽さに感動するブンジ。

帰ったら、昼寝少しして研究室にこもる。

今週中に研究内容や、就活の大まかな計画立てないといけない。

忙しー。でも忙しくて結構!

8時からジムで筋トレを1時間やっといた。

あー眠い。


北見~富里~仁頃山
Dst 55.16
Tm 1.49.46

大滝まであと6日。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。