スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追い込み練

今日が水曜だから、札幌市民まで残り4日。

調整も考えたら今日が追い込みも最後かな。

ってことで網走!

8時出発だ。

メンバーは自分、紺野、富樫。

日に日にメンバーが少なくなりつつあるこの頃。

明日にはついに一人か!?

今日は典型的な南風で、往路が追い風。スピード練習できるようコース設定した。

網走手前10キロまではひたすら自分が引く。

美幌までもたいしてスピードを落とさず走る。

美幌から網走までの約30キロ区間が追い込み区間だ。

先輩がいた頃はよくこのコースで追い込んでた。

ひたすら踏み込む。時速は40~45キロ。

呼人あたりから三人で回す。

紺野も富樫もほんとに速くなった。

後ろについてるだけじゃ、もはやちぎれんもんな~。

まだ一年だから本気で頑張ればツールも夢じゃないわ。

坂本も筏津もいるから、今の1年四人で工大サイクリング部を盛り上げてくれるといいね。


さて、三人で回し始めたのはいいが、なぜか網走湖沿いの道が工事中。

2箇所も片側通行で止めさせられた。

で、2箇所目でバスにくっついてスタートダッシュしたら2人ともグッバイ。

最後は結局一人でダッシュ入れた。

ここまでアベレージ37.5キロ。

ほとんど一人で引いた割にはまずまずか。


帰りは前と同じようにサイクリングロードを走って、網走端野線から帰る。

向かい風が強烈だ。

上りだけを重点的にして後はゆっくり走った。

下りから緋牛内に抜けるまではアタックかけながらペース走。

最後はダッシュ入れてフィニッシュ!!

明日からは調整~。

炭水化物も摂りまくらんとね!



北見~美幌~網走~緋牛内~北見
Av 33.0
Dst 90.54
Tm 2.44.13
スポンサーサイト

sleepiness

今日はちょっと距離を短めに、脚の調子を見ながら走った。

8時出発。メンバーは自分、恭平ちゃん、紺野、富樫。

東相内から富里を回り、常呂線まで抜けて端野に帰るコースだ。

東相内で右折し、坂を上るまではアップ。自分が引く。

富里の坂はアウターで上るようにみんなに命じる。

そっからしばらく続く直線区間は高速巡航でぶっ飛ばす!

時速50キロをみんなで維持しながらガッツリ踏み込んだ。

で、仁頃くらいからはアタックかけながらもノンビリ走った。

今日も踏めばスピードに乗るし調子はボチボチ。

最後はダッシュ入れて終了~♪

10時帰宅。



北見~東相内~仁頃~端野~北見
Av 31.7
Dst 55.43
Tm 1.44.44

最近昼から夕方にかけて異常に眠い。

研究室には研究しに行ってるのか、眠りに行ってるのか分からん。

先輩に怒られないうちにしっかりせんとな~。

はー知床行きたい。

夏の終わり・・・

夏~の終わり~。聞きたくないフレーズだ。

でも森山直太朗はいいよね。

今日は一日曇り予報。夕方雨。

風が強くて南風5mとか出てた。

ってことで、風が強くないうちに南に逃げるぜ!

メンバーは自分、ブンジ、紺野、富樫、坂本。

一年は召集かけたらちゃんと来てくれるから感心だわ~。


7時出発。今日はほんとに寒くて、長袖インナー+アーム+ニーウォーマー+長指グローブで出発。

この夏一番の冷え込みに違いない。

メンバーには陸別に行くと伝える。

訓子府までは思惑通りほとんど風は無い。

ブンジとちょろちょろ交代しながら走る。

昨日1日休んだだけあって脚の調子も良い。

訓子府から常盤に抜ける道に入ると一変。一気に向かい風が強烈になってきた。

ここは常に風が強い。きっと地形が関係してるのだろう。

まだまだ序盤だし、ここはあまり無理せず黙々とペダルを踏む。


・・・・それにしても、もう秋の雰囲気丸出し。

山は色づいてきて、風に舞う落ち葉はまさしく秋のそれだ。

夏は・・・どこへ行った!?

まだ北海道の夏を満喫してないぞ!海だって泳いでない!!

なんだか無性に叫びたくなる。

しかもこの道。地獄の番犬ケルベロスが5頭くらい放たれてて、来る人間を襲いまくってるって噂だ。

今日も案の定自分らを食わんばかりに飛び掛ってきた!

ギリギリ鎖につながれてて助かったが、俺一人ギャーギャー騒いでた。


その先の登りはアウター20キロペースで淡々と踏む。

後ろを見てもみんなついて来てる。

坂本が最後でちょっと離れたが、最初の頃に比べたらずいぶん成長したもんだ。

山頂に近づくと雨。ポツポツ。

路面も濡れてきた。

山を越えたら晴れるで~って言ったもののあからさまな雨雲。

そして坂本はパンク。

チューブが一部モッコリ膨らんでてメッチャ笑った。

体が冷える。

いや~陸別は雨と判断し、坂を下って置戸方面へ。

追い風ボンバイエ!

時速50キロを維持してガンガンぶっ飛ばし、一瞬にして置戸到着。

みんなしっかりくっ付いてるし。

こっから温根湯に向けて走る。

温根湯峠も最初はゆっくり走っていたが、ブンジ行きま~す。で集団活性化。


所々でダンシングを入れてスピードに緩急をつけたら集団分解。

しかし、本格的な坂を前にしてついてきたのはなんと紺野!

しゃー!だったらあれだ!アウターだ!!

ってことで紺野にアウターで上るよう命じる。

自分も調子良かったからフルアウターで上った。

てっぺんで紺野を待って、下る。

ここもガンガン踏み込み、時速60キロのまま平地に突入。

その勢いで50キロを維持し温根湯市街地へ。

紺野は若干千切れたもののすぐ追いついてきた。

少し待って富樫、そしてブンジ、坂本と到着。

なんかブンジは朝食不足によりハンガーノック寸前ぽい。


今日のコースは風向きが完璧で、こっから北見までも追い風だった。

もう踏めばスピードが出るって感じで気持ちいい~~。

ずっと先頭で40キロ以上で引く。

留辺蘂で時たまアタックかけるも、1年はみんなついてきてる。

ブンジはエネルギーがスッカラカンのようだ。ぶっちぎれてた。

が、坂本の2度目のパンクによりブンジ吸収。

どうやらタイヤを一度も交換してなかったらしく、見るからにヤバそ~な状態だ。

いままでコレで走ってたからスゴイな。

サクッと修理して再出発。


ブンジがフライングで逃げ状態だったからみんなで追っかける。

そしたらブンジ、トラックめがけてダッシュしてるぜ!

でもうまく乗れてないようだ。

自分も負けじと後ろから来たトラックの風に乗る。

留辺蕊~北見間はもうトラック乗り放題である。

しっかりくっ付いて、みんなグッバイ。はえーーー!

東相内手前で降りて、残りをガッツリ踏む。そうして東相内でみんなを待って残りはダウンだ。

と見せかけアタック掛けまくりだ!!

1年はみんな元気よく追いかけてくれるな~。

そしてブンジは反則トラックグッバイにより北見市外へ走り去っていくのであった・・。

今日はいい練習になった。



北見~訓子府~常盤~置戸~温根湯~北見
Av 30.7
Dst 109.49
Tm 3.33.49

北見ママチャリレース

5時起床。

三○さん&知人の方はセンチュリーランへ。

自分は駅へ。車で送っていただいてしまった。

どうもお世話になりました。

さて、無事始発に乗り込み北見に着いたのは7時30分。

そのまま役員で香りゃんせ公園へ。


路側の草どけたりして、後はそれぞれの仕事に分かれる。

自分はブンジと一緒に周回数を数えた。

3時間耐久で優勝したのは釧路のチーム。去年も勝ったから二連覇だ。

ちなみに周回数は55周。1周1.8キロくらいだから、平均時速33キロくらい。

3人で交代とはいえママチャリ。結構早くてビックリだわ。

このレースも今年で6回目くらいなんかな。将来十勝並みになればいいな~。

田村

今日は7時出発だ。

朝起きて外見ると道が濡れてる・・・。

でも今日は晴れ予報だから大丈夫なはずだ。

メンバーは自分、ブンジ、紺野の三人。

今日は南東の風か。

昨日走ったけど、脚の調子は上々だ。


美幌までは上りでもペースは落とさない。

いい感じだったからこのまま網走までかっ飛びかー!?

と思ったら、なんか腹が痛くて・・・。いた・・。

美幌のセイコマに駆け込む俺。笑

ブンジと紺野には先に行ってもらった。

はー・・危なかった。


危機を脱した俺は追走モードで踏み込む!!

脚の調子は悪くないが、一番ノってる時に比べたらスピードが全然足りない・・。

時速40キロくらいで淡々と走る。

そしたら美幌の農道から国道に入る手前で止まってる二人が。

自分はスピードに乗ってたから止まることなくスルー。

後から聞くところによるとブンジのメカトラにより停止してたらしい。

アーメン。

後ろから追っかけて来てたのもブンジじゃなくて紺野だった。


少しスピードを緩めるも追いつきそうになかったためそのまま単独で走る。

網走まではアベレージ35。イマイチだが一応追い込めたか。

こっからはサイクリングロードを走りながら紺野としゃべりながらゆっくり帰った。

最後の方はアタックかけまくって紺野をぶっ潰す!!

自分らがいる間に後輩を鍛えとかないとな~。

今日は色んな練習法を紺野に話しといた。



北見~美幌~網走~緋牛内~北見
Av 31.5
Dst 91.86
Tm 2.54.38

今日は先日誘われた焼肉~♪一応ツールお疲れ様ということでして。

午後5時30分にどうきゅうの本○さんと小○さんと合流。

なんでも明日網走センチュリーランに出るためにこっちに来たようで。

それで焼肉に誘って頂いたのだ。

そして美幌でNウィンズの三○さん、小○さん、山○くん、それから三○さんの知人の方と合流。


ところで焼肉、と書いたがそんな一般レベルじゃなかった。

肉の割烹「田村」。肉の割烹なんて初めて聞いた。

店内に入ると美幌にこんな店が!?(失礼)って感じの高級感。

なんでも美幌でトップレベルの肉屋らしいです。

ちなみにたむけんとは無関係。


肝心の肉だが・・・・まさしく、びゃーうまいーー!!

いや、びゃびゃびゃーうまいーーーー!!くらいだ。

あんなお肉は初めて食べた。こ、コレが焼肉!?って感じのとろける霜降り。

学生生活において確実に縁の無いお肉ですよ!

追加で何でも頼んでいいって言われたからメニュー見たら・・・。

100gで何千円もする肉ばかり。

あかん!こんなの頼めませんー。


その日はビール飲みながら色んな話で盛り上がった。

いや~ほんとにご馳走様です。ありがとうございました!

その日は結局バスに乗れず三○さんのお宅にお世話になった。

明日はママチャリレースの役員があるから始発で北見へ。

あ~あのお肉の味が忘れられない・・・。

Sea of Okhotsk

午後2時。今日こそは練習を。

天気も良いし、海行くかーー!

と思って出発したら、この時間なのになんだか夕日の雰囲気。

寂しいなー。

自分の中ではまだまだ夏なんだけど。

夏よカモーン!


さて、今日は往路が向かい風。

ちゃんと自転車に乗るのが久しぶりの割には脚の調子はまずまずか。

それにしても、常呂の道に砂利道多すぎ!

2箇所あって、砂利道のたびにストップしないといけないのが面倒。

常呂では海を見ながらコーラを飲んで。

さっさと帰宅。

帰りは追い風と思いきやほとんど無風。

しばらくまともに走ってないだけあって終盤の追い込みでイマイチスピードが上がらず・・・。

札幌市民まで残り1週間。

頑張って体を作らないとな~。



北見~常呂~北見
Av 33.4
Dst 81.56
Tm 2.26.24

シルバーウィーク

シルバーウィーーク!!

ツールで疲れた心と体を癒すために。こりゃあもう自分へのご褒美ですよ!

練習なんて忘れて遊びまくった。

まずシルバーウィーク前日の18日(金)。午前中にサクっと富里まで走る。

ツール以来走ってなかったから脚がガクガクになった。笑

Av 32.2
Dst 40.61
Tm 1.15.35

で、午後に研究室へ行き、夕方2時間くらい仮眠。

そして午後10時。函館旅行が始まる。

うっちの仕事の関係により日数は19、20の二日間。

函館を満喫するためにも前日から車をぶっ飛ばす作戦だ。

北見から函館までは600キロだ。遠いなー。

600キロって言ったら、青森から東京までの距離だぞ・・。

てことで、時速60キロで走ったとして10時間。朝の8時に函館に到着する予定だ。

実際はもっと早く走るだろうが、休憩を含めると大体こんなとこだろう。



で、レッツゴー!!ルートは日勝経由。

北見~日高までは飛ばし放題。80~100キロくらいで順調に飛ばす。

午前1時。日高で道の駅で小休憩。

平取くらいから無料高速で沼の端へ、そっからは高速料をケチって国道で走る。

室蘭に入ってから、道を間違えて白鳥大橋を快走。

午前5時。八雲町で眠さがピークに達したため、それまで寝てたうっちにバトンタッチ。

午前7時。気づいたら函館に着いてた。

けどめっちゃ眠くて動き出したのは午前8時。



まずは函館朝市をぐるっと回って朝食!海鮮丼!ウニ!イクラ!

美味すぎ!2000円。でも今日は贅沢していいのだ!

お次は五稜郭だ!五稜郭タワーでマスコットキャラのGO太君を眺めた後、自転車でウロウロする。

なんか工事中で真ん中に入れんかった。残念。


その後、函館山ロープウェイ駐車場に車を止め、ベイエリアを自転車でウロウロする。

坂が・・・びえぇー!

天気がめっちゃ良くて海がキレイだー。

一通りウロウロしたとこで昼食。

函館といえばラッキーピエロ!なんかすんごい行列で25分待ちだとか。

隣のハセガワストアで焼き鳥を食べながら待つ。こちらも函館名物だ。

ジャンボ豚精肉、豚タン、豚ハツ、トリ軟骨を頼む。

焼き鳥1本当り100円しなくて、安くて美味かった。



ボチボチ時間になったからラッキーピエロでハンバーガーをゲット。

自分が頼んだのはチーズバーガー。でっかいし、びゃーうまー!!

なんか・・・こう・・チーズの味がしっかりしてて・・・トマトがアクセントで・・・。

うっちはチャイニーズチキンバーガーだ。なんか微妙だったらしい・・。



その後はレンガ倉庫で色々買い物だ。珍しいものが沢山合って面白かった。

時刻は午後5時。教会郡を歩いて回る。

日が暮れたら、超混雑したロープウェイに乗って函館山へ。

100万ドルの夜景・・・。びゃー!風がつえーーー!でもキレイだった。

夕食はジンジンジンジンジンギスカン!!今日は美味いものを食いまくった。



20日(日)。今日は大沼公園へレッツゴー!

着いたのはすでに12時。でも今日も快晴だ!

まずは自転車に乗って大沼を1周サイクリング~♪

その後はボートに乗って鴨に食パンやって、ボートを揺らしたら転覆しそうになった。

なんだかんだで満喫して、午後3時に北見に向けて出発。



大沼~八雲まではどえらい渋滞にはまる。

そういや、途中ラッキーピエロでまたもチーズバーガーを食う。

残念ながら積み重なったハンバーガーは無かったためブンジ君のお土産はキャンセルで。



そうして、高速には乗らず鹿追で仮眠を取りながら、北見に着いたのは午前2時30分。

翌日は爆睡だった。

22日、23日は映画を満喫しながらのんび~り。

20世紀少年を第1章から最終章まで見た。

いや~久々に心行くまで遊んだ休日だった。

あれからまた1年間・・・

今年も走りきった5日間。

4年間の集大成。

大学1年から自転車を始めて、ようやく辿り着いた。

2年の時に夢に見るようになって。

3年になるとそれが現実になりかけて。

そしてこの1年間。ただツールに向けて頑張った1年間。

その努力は無駄じゃなかった。

この5日間がそれを証明してくれた。

いざ終わってしまうとなんかすんごく寂しい気がするなー。

でも今は5日間走れたことがただ嬉しい。

夢の選抜チームで走りきれたことが、ただただ嬉しくて誇らしい。

自分はいままでこの瞬間のために頑張っていたんだなって。


自分が目標に出来る人が周りにいない環境で走ることの大変さ。

それをこの1年間ですんごく感じた。先輩がやってきたことのすごさを感じた。

今の環境じゃこのくらいが限界だと思っていた。


でもそうじゃないんだな。

強い人には強いわけがある。

この5日間、北海道地域選抜チームで過ごして、

自分の限界を感じながらも、可能性も感じた。


ツール最終日は結局DNF。

結果で見たら去年とは何にも変わらない。

でも5日目までの過程で見たら、去年とは全然違う。

自分も周りと同じ目線で走れる。そう思えた。

それは少なくとも去年感じることが出来なかったことだ。


もちろん課題点も沢山ある。

平坦での力の無さ。ダッシュ力の無さ。集団走行能力の無さ。

周りとの力の差を肌で感じた。

でもだからこそもっと上を目指したい。


自分達はまだまだ伸び盛り。監督の言葉だ。

有難くて厳しい言葉だ。

来年は自分も社会人。のはず。

でももっともっと自転車に乗っていたい。

自分にはまだまだ夢があるぜ!


ツールド北海道2009
最終成績 63位
U23 17位
Total 18:02:02


最後に同じ選抜チームで走った藤原さん、江口さん、松田さん、織田さん、

そしてメカニック風間さん、マッサー菊池さん、サポート高堰さん、監督信也さん。

本当にお疲れ様でした。

5日間沢山の応援ありがとうございました。

北海道選抜

ツールド北海道2009

20090908221645
いよいよ明日から始まる夢の舞台。


明日はTTと100キロのロードレース。


悔いの無いように頑張ってきます。

夏合宿帰宅編

目が覚めたのは午前9時。

朝食バイキングの終了を告げる放送で目を覚ます。

ブンジはもう起きているようだ。

朝食をとるためブンジと展望ラウンジへ。今日も朝は大した物を食えなかった。

それにしても船の揺れが酷い。先日の台風の影響のようだ。

今回は2等が満室だったため2等寝台だったのだが、廊下で学生がうっさい!

ブンジはぶち切れモード。

それに軍人さんが船内にいっぱいいてなんか落ち着かんわ~。

そんなで12時くらいにシャワー浴びて、午後1時30分についに苫小牧上陸!!


ああ・・・10日本州にいただけなのに、無性に北海道が懐かしい・・。

道も広い!広いぞ!!!

北海道さいこーーー!帰ってきたぜ!

なのに何故自分とブンジの二人しかいないんだ!?盛り上がりに欠けるぞ。こんちくしょー。

とりあえずまずは苫小牧駅に向かってレンタカーをゲットだ。

走ってたらニッポンレンタカーを見つけて、MOVEをゲット。

24時間、乗り捨てこみで13500円だっけ?

しゃーー!こっからは車の旅だ。ははははえーー!


まずは音楽依存症のブンジ君のためにCDを購入。聞いたことも無いバンドの曲が車内に流れる。

お次はメシだ!マックだ!

で、午後3時北見に向け出発。

苫小牧~日高まで自分が運転し、日高~上士幌をブンジが、残りは再び自分が運転した。

北海道をやたら懐かしみながら運転する。

浜厚真で謎の道に入って道に迷う。

ときおりブンジが音楽を爆音で聴くため、耳がイカれるかと思った。

日高の道の駅で休憩。

日勝峠はブンジ君の運転テクにお任せだ。

車内はくだらない会話で盛り上がる。

上士幌のセイコマで休憩して、残りは自分が運転した。

芽登から置戸まではほとんど車にすれ違わなかった。北海道は広い。

そうして午後9時ついに北見着。

夜は寒いな~~。


てことで夏合宿も完結!!お疲れでした~。

学生最後かもしれない長旅か・・・。楽しかったなーー!

くだらないことで笑った笑った。

みんなありがとう!


気持ちはツールへ。あと5日。


壮絶悶絶絶叫発狂地獄全滅夏合宿
総合距離 1506.95キロ
日数 10日

合宿10日目最終日

合宿最終日。

今日は茨城県大洗にてフェリーに乗り込む予定だ。

フェリーは6時30分発。遅くても1時間前に到着していればいい。

今日の走行距離は110キロだからノンビリだ。

8時起床。9時30分出発。

メーターは大捜索の末、結局見つかることはなかった・・・。


パミは古河市まで一緒に走って、その後グッバイだ。

北見には帰らず埼玉で就活だ。

一方恭平ちゃんも大洗に着いた後グッバイ。

なんでも友達に合ったり、風間と走ったりするんだとか。

もうね。流石にこっちが折れました。


さて、今日も向かい風。しかも結構強い。

なんかこの合宿で追い風というものを体感していない。

初日の滝川~当別区間が追い風だっただけじゃあないか?

本州はそりゃあもうずーーーっと向かい風だったな。


途中道に迷いながら、古河市で国道125号に入る。

パミよグッバイ・・・・。

こっからは3人だ。ずっと自分が引く。

白岡から下妻市まで約40キロ。ここで休憩。

なんかやっぱり疲労が蓄積しているのだろう。体が重くて仕方ない。

軽く補給し、再スタート。

と!!ここでついにブンジがパンク!やりやがった!

結局全員パンクに見舞われることとなったわけだ。

下妻からつくば市に入る。

筑波大はフガネ先輩が現在通っている大学だ。

先日フガネ先輩からメールがあったが、結局会うことは叶わず。

ところでこの国道125号線は車も少なくて非常に走りやすい道だ。

しかし、平野が広くて風が強い。

土浦に入り、国道6号に突入してからは完璧に向かい風だ。

とりあえずファミマで休憩。午後1時30分。


ここからは国道6号で北上する。当然交通量は多くなる。

歩道を駆使しながら効率的に走る。茨城町で県道16号へ。

ここから大洗までは残り15キロ。この辛かった合宿も残り15キロだ!!!


ブンジと交代しながらペースアップ。

ホントはノンビリ走りたかったが、流石にそうはいかなかった。

強烈な向かい風を浴び、それでも疲れきった脚を酷使してペースを上げる。

終盤のアップダウンでブンジも積極的にペースを上げる。

もうほとんど限界だったが、ここで負けてはいられない。

上り坂でスパートをかけ、平地で差をつける。

そしてついに大洗だ!!ゴーーーール!!!!

しばらくしてブンジ、そして恭平ちゃんも到着。

午後3時。大洗で無事チケット購入。

先日の台風でフェリーが欠航になったため、今日は人が多かった。

しかもなぜか自衛隊の人も大量に。


ところで、恭平ちゃんはここでグッバイ。

おじさんに迎えに来てもらうと思いきや、来た道を100キロくらい自走で戻ることに。

まさにストイック・・・・。

そうして何度も後ろを振り返りながら恭平は地平線に消えていった。


自分らはフェリーターミナルで時間を潰し、5時にフェリーにGO!

真っ先に風呂に入って後は苫小牧までノンビリだ!

夕食バイキングが1800円と予想以上に高かったため、コンビニで買ったカップ麺等を食す。

飯を食ったら疲れが爆発して深い深い眠りへ・・・。



白岡~つくば~土浦~茨城町~大洗

Av 27.9
Dst 119.3
Tm 4.16.19

夏合宿9日目

合宿も残り2日。今日はいよいよ関東に突入する日だ。

昨日の台風の影響は一切無く、今日も暑くなりそうだ。

朝7時に出発。

回復させた脚の調子は良い。少しは脚が回復してくれたようだ。

熱海から小田原まではおよそ25キロ。ここまではアップダウンの続く海沿いの道だ。

車は出勤時間だからだろう。多い。

時折おばあちゃんが道路を歩いて横断している。非常に危険だ。

そういえば、昨日の雨のせいなのか後輪のブレーキワイヤーが切れかかっているようだ。

レバーを引いても戻りが非常に悪い。

ワイヤーが切れてしまうと厄介なため後輪ブレーキは使えない。残り二日大丈夫だろうか?

小田原に入ってからはローディが目立つようになってきた。

ここからは1号線に入る。

車と信号がいよいよ多くなってきた。

ひたすら1号線を走り、平塚からは首都圏を迂回するように北上する。

が、道が分からずずっと直進してたら茅ヶ崎に突入。

流石に地図で確認。あやうく横浜に突っ込むとこだった。


午前9時。

平塚から国道129号線に入り、八王子を目指す。

高架橋が増えてきて危険が増してきた。

相模原手前で地下道に入る地点、ここは流石に危険だろうということで回避。

そしたら道に迷う。こんな時はEZナビウォーク!!もー便利!

さっきまで走ってた国道の側の道だと分かり、そのまま走る。

午前10時30分。相模原着。ここまで約80キロ。

腹が減ったためパスタ、おにぎり、コーラ、オレンジジュースを食す。

恭平ちゃんは交通量の多さに疲労しているようだ。


補給も済ませたとこで出発。

スタート直後、橋本の高架橋に突っ込んだとこで幅の広い溝にパミが前輪を落としてパンク。

自分の判断ミスであった。

これで今回パンクしていないのはブンジのみ。

さあていつパンクするんだ~~?


その後、国道16号線に入り八王子に突入。

八王子はアップダウンの多い街だ。市街地に入る前にも御殿峠という峠を上る。

それにしても今日も向かい風だ。先日ほどではないが、微妙な風は確実に脚を消耗させられる。

また関東に入ってからトラックがひたすら多い。気持ちの面でも疲れる。


瑞穂町に入ったとこで昼休憩。

ここのローソンは立地条件がよく、座るポジションに日陰が出来ててグッド!

今日もやはり暑い。もう何度体に水をかけたことだろう。

パスタを食す。ここでリポビタンを一発!しゃーー!



10キロ先の入間市からは国道407号に入り坂戸市を目指す。

こっからはパミのホームコースらしく、集団で走れることに感動してた。

ここまで大体自分が引いてたため、残りはパミパミにお任せで。

それにしても・・・道が狭い!!

この道マジでオススメか!?って思ってしまう。

トラックも多くて、後ろに結構並んでしまってるし。

それでも県道74号に入ってからは交通量も少なくなり快適だった。

そして県道12号に突入。いよいよゴールが見えてきたぜ!


菖蒲町。じゃなくて白岡町だ。パミの生まれ故郷だ。

そう、今日はパミパミ家にお世話になるのだ。

午後3時、白岡町到着!!

恭平ちゃんは今日はちぎれることなく一緒にゴール!よく頑張ってたわ。

ブンジはこれがパミの故郷か~って感じで興味津々。

白岡町といえば、くまコンクリート!かどうかは知らない。


思えばパミ家にお世話になるのは2年ぶりか。

懐かしのセブンを右折。BIGAていう24時間の安いスーパーで粗品のソーダアイスを買って。

午後3時。ただいま~~。

屋外担当の番犬ライはめっちゃ臆病で、自分らが近寄ると必死に逃げてた。

一方室内担当の番犬チロは噛み付きそうな勢いで吼えてる。こえ~~。

それにしても弟も妹もでっかくなってるな~。

弟は自分を覚えていたが、妹は覚えてなかった・・・><。

とりあえず、汗まみれじゃ失礼なので近くの銭湯へ。

なぜかパミも一緒に来ることに。


サッパリして戻ると、パミ母が帰ってきてた。

ホントお世話になります。

この日の夕食はなんと牛角で焼肉をご馳走になった。

食い放題・・・飢えに飢えた4人は目が血走っている。

いま俺らに喧嘩売ったりするものなら、ブンジの後足キックが炸裂することだろう。

出てくる肉は一瞬にして消える。壮絶なバトル!

いや~うんまかった~~。

ご馳走様でした。


その後、大人しくなった室内犬チロと戯れる。

そして自分のメーターが紛失。結局見つからず、午後11時に就寝。

明日はいよいよ合宿最終日!!



熱海~小田原~平塚~八王子~入間~坂戸~白岡

Av 26.1
Dst 155.6
Tm 5.57.28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。