スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデン合宿2011五日目

ゴールデン合宿五日目の今日は回復日!でも170キロー!いえーい!

昨晩はサロメチールを塗りたくったし、五日目となると体が回復し始めると思ったが、今日が一番ケツ周りの筋肉がやばかった。

明日には回復することを祈ろう。

今日のコースは幌延~豊富温泉周辺~知駒岳~ピンネシリ~音威子府~名寄。

風向きは東風。よくもまあ連日向かい風になるもんだ。

朝6時30分起床、8時30分出発。

幌延から道道121で豊富温泉へ。そこからちょっと寄り道。風がバババババ!!

脚ってかケツに力が入らない。それに寒い。

今年は本当に天候に恵まれてると思う。(笑)

豊富温泉で恭平ちゃんと別れを告げ、いざ名寄へ。

コダマックスは早々にグッバイ。彼の孤独な1日は今日も始まった…。

豊富温泉から知駒方面は東向き。当然風がヤバイ。

道道84から道道715?の分岐点で児玉を待つ。多分ここで待ってやらないと児玉はオホーツク海に出てしまうだろう。

児玉を待ってるとやってきたのは…児玉、アーンド恭平ちゃん!?

なんか中頓別までいくらしい。さすが元サイクリング部だ。笑

しかし、道道715の山道で坂本、菊地、恭平ちゃんがグッバイ。

山を下って知駒までの平坦区間を自分、紺野、富樫の三人で回す。

そしていよいよ知駒岳。一昨年のツールで走った山だ。

あの時は時速20キロ以上で走ってたけど、今は時速15キロでマジムリです。

富樫と紺野も脚にキテるみたいで序盤でちぎれてた。

知駒岳から道の駅ピンネシリまでは一人でフラッフラになりながら走った。

瀕死状態完成。

午後12時30分。道の駅ピンネシリで昼食。たこ焼きを二箱たべた。

そしたら胃?が痛くなった。筋肉痛とかではなく、押したら痛い。これは一体…?

道の駅で児玉以外全員集合。

みんな目が死んでる。
確実に脚がやられた時の目だ。合宿独特の雰囲気がプンプンするぜ~。

とりあえず全員今回の合宿のコンセプトである瀕死を達成したな。

午後1時15分出発。名寄まで残りの80キロ弱だ。

出発して10キロ先の天北峠からは向かい風が一転、追い風基調に。

合宿五日目にしてようやくのマトモな追い風だった。

やはりスピードの乗り具合が全く違うぜ。あっという間に音威子府、そして美深へ到着。

栄養ドリンクパワーで結構元気に走れた。


午後3時30分。美深から名寄まで10キロ弱は流した。

4時30分名寄到着。今日もどこが回復日なん?な1日だった。

菊地は今日は無事集団でゴール。児玉は6時前には到着した。

菊地といい児玉といい、文句一つ言わずに黙々と走る姿勢が素晴らしいね。なぁ坂本!

今晩の宿は五年連続となる名寄ユース。今年もやってきた。

ご飯が美味しくて、部屋が非常に綺麗。天気が良ければ星が見える。

そんな4つ星ユースでノンビリ過ごす幸せ。

これで明日も頑張れそう!

明日は北見~上紋峠~北見峠~北見の峠オンパレードの260キロコース。

今までに比べると天気も良さそうだし、合唱最終日はガッツリ乗り込んで終わりましょうかー。

ウィグライのんでおやすみなさい。


幌延~豊富温泉~知駒岳~音威子府~名寄
Av 27.0
Dst 164.67
Tm 6.05.03

ちなみに恭平ちゃんは中頓別で親と合流したようで、親孝行をしたらしい。
スポンサーサイト

ゴールデン合宿2011四日目

今年のゴールデン合宿も気づけば折り返し。

今日のコースは旭川~和寒~名寄~音威子府~幌延+豊富。

そしてスペシャルゲストの恭平ちゃーん!

なんだかんだ言いながら幌別まで走り切り、ゴールデン合宿への参加を果たした。笑

今日は六時起床。恭平ちゃんママの美味しい朝食を頂きました。ありがとうございます!

それにしても恭平ちゃんのご両親はとても親切で何から何までしてもらって。。
これは何か部でお返しをしないと。

それから上野犬のポロン!あれは可愛すぎでしょ~!じゃれあってしまった。

午前7時30分出発。親切になった上野家をあとにする。

今日は曇りで風向きはほぼ北向き。いえーい向かい風~!

ホントに1日を通して、一部分を除いてしっかり向かい風でした。

それから寒い!!一体気温何度よ。

さて、旭川士別区間は町向かい風で全員でチンタラローテする。時速25キロくらい。

みんな疲れが溜まっている様子がみてとれる。

特に児玉は目が死んでる。

児玉は毎日序盤でグッバイ…。彼はこの合宿でまともに集団走行を味わっていない。連日向かい風の中では相当キツいだろう。

塩狩チョロ峠から30キロペースを維持して走る。

坂本の実家和寒を通過。今回も坂本の実家を発見することが出来なかった。

それにしてもこの日は眠かった。後ろに付きながらウトウトしてた。

士別に着いたとこでコーヒー休憩。

コーヒーのおかげか、士別から美深までの50キロは集中できた。

途中明日の宿泊地名寄を通過。犬に逃げられてしょんぼり歩くおっさんを発見。

名寄美深区間のちょっとした上りで恭平ちゃんがちぎれる。流石にブランクか。

上りの頂上で補給しながら恭平ちゃんを吸収し、下りでペースアップ!

美深手前5キロ地点の向かい風区間でアタック!

食らいつく富樫をぶっちぎって美深のセイコマ到着。

12時、昼食をとる。美深は晴れてて暖かかった。座ってゆっくりご飯が食べられるって素晴らしい。

昨日、一昨日は雨でブルブル震えながら食事してたからな~。

ここまで100キロ。

美深中川区間は若干の追い風とアップダウンによりアタックの応酬が続く。

音威子府からは進路が西向きになり本格的に追い風に。

ここで集団が活性化し、みんなが積極的に動き始めたところで渾身のアタック!!

後ろとの差を確認。坂本が少し飛び出ていたため一緒に逃げようと思ったが、坂本の最後の一踏みが足りず追い付けそうにない。

結局一人で中川まで20キロ逃げた。

途中まで富樫が粘っていたが、ちょっとキツメの上りでぶっちぎった。

午後3時、中川のセイコマに到着。

補給を取るがもう脚が終了してた。

てかこのままだと豊富を寄り道できそうにない…。

中川から幌延まではまだ20キロ。もうヘトヘトで紺野、坂本、富樫にまかせた。

時間がなかったから道道121ではなく道道256でちょっとショートカット。

幌延までのこり2キロ地点。

北緯45度線まで500mの看板。坂本がスーっと前に出る。狙ってるようだ。

しかーしそうはさせないぜ!

幌延前の最後のスプリント勝負は坂本をまくってゲットした。

午後4時30分、幌延着。豊富は…ムリ!明日にしましょ

セイコマで買い物してたらちぎれた菊地がすぐに到着。

その10分後恭平ちゃんも到着。しばらく走ってないのにブランクを感じさせない走りなのがスゴい。

今日の宿は民宿旅館サロベツ。朝夕付きで6300円。

ちょっと高いけど、綺麗だし設備がグッド。

因みに児玉は6時30分に無事到着。コイツはなんかスゴいぞ。

今日は結局200キロ走ってた。

寝る間際、サロメチールをケツに塗りたくったら灼熱地獄で夜目が覚めた。

熱痛すぎてケツに濡れタオルを入れて無事就寝。

明日は回復日で170キロ。笑



旭川~和寒~美深~音威子府~中川~幌延
Av 28.2
Dst 200.35
Tm 7.04.53

ゴールデン合宿2011三日目

極寒雪みぞれの三日目。

今日は回復日の120キロ。しかし天候はこの三日間で最悪だろう。

朝7時起床、9時15分出発。

本日の最高気温は午前3時時点の8度で、日中になるにつれ気温は低下する模様。

そして天候は雨。

雨はストイック合宿としては申し分ないが、それ以外は悪いことのオンパレードだ。

まず何より寒い。

寒いと体が固まり疲れが溜まる。

体が固まったまま踏み込むと間接を痛める。

洗濯物が多くなる。

靴が濡れる。

リュックが濡れる。

自転車の手入れが必要になる。

要は宿に着いてからやることが増えて寝る時間が遅くなるわけですよ。ファック!

さて、今日のコースは日高~富良野~美瑛~旭川。

峠は日高峠、金山峠、深山峠?のチョロチョロ峠が三つのみ。

今日は回復日だからチョロチョロ走った。

まず日高峠。山頂は雪。児玉が序盤から遅れるが今日は待ってあげるぜ。

しかーし下りで凍え、ゆっくりペースで走ってたら寒くてヤバくなった。

体を暖めるには…アタックしかない!(笑)

児玉すまん、グッバイ。

結局、児玉を抜いた午名で富良野までの15キロ区間をアタック合戦。

12時富良野到着。

まだまだ雨は降ってる。

あまりに寒すぎて、セイコマの裏手の倉庫と壁の隙間に入る児玉。グッジョブ。

富良野までは超追い風だったが、富良野からは超爆風の避け風だ。

普通に吹っ飛びそうになりながら、たまにバラバラになりながら走る。

その上、美瑛の最高気温は1度。

雪が!向かい風が!

そら寒いよね。

ブルブル凍え、歯をガタガタ言わせながらもなんとか到着。

旭川に着いたのは午後3時。

今年から社会人の上野の家にお邪魔して一泊。

なにからなにまでやっていただいて申し訳ない気持ち。

大変感謝しています。ありがとうございました!

それから恭平ちゃんもサンクス!

結局回復日も大して回復が出来ないっていう。

これももはや恒例か(笑)

明日は幌延町の220キロ。

恭平ちゃんも一緒に走るみたいで楽しみだ~♪


日高~富良野~美瑛~旭川
Av 25.5
Dst 1.25.33
Tm 4.54.35

ゴールデン合宿2011二日目

爆風の初日。

二日目となった今日は雨。

良い感じにストイックな天候でバンバンザイだ。ファック!

ルートはえりも岬~幌別~野塚峠~大樹~中札内~西帯広~清水~日勝峠~日高の山岳コース。

朝4時に起床。

児玉は準備が完了し先に出発。

同じタイミングで出発するはずだったらしい菊地は寝坊してた。

午前5時15分。出発しようとしまらメーターが無くて、自分は5時30分に出発。富樫が待ってくれてた。

えりも岬~幌別までは40キロ弱。

25キロ地点くらいで児玉含む全員を吸収。

雨はボチボチ降っているが、全員カッパを装備済みだ。

幌別のセイコマで小休憩。
寒い…。

幌別~野塚峠~大樹区間は約60キロ。

幌別からじわじわ上り、本格的な上りが10キロ弱あってトンネルで頂上を迎える。
標高は550mくらいだ。

時速20キロくらいで走ると一人また一人と消えていく…

標高300m地点で粘ってた富樫もグッバイ。ハンガーノックだったらしい。

峠の下りはひたすら追い込んだ。

誰もついてこれない。

そう自信があったのに、大樹町でビックリ!!

紺野、坂本、富樫、菊地が先にいる。

どうやらちょっとだけショートカットしたらしい。ファック!

大樹町はセブンでブルブル震えながら休憩。

そこから中札内へは道道55をチョイス。

期待していた追い風はサッパリで、割りにあわん。

中札内手前で集団は分解。

その後富樫が合流し、二人で目指すは日勝峠。

この日の1つ目のKOM野塚峠は実際には大した峠でなかった。

しかし問題は日勝峠だ。すでに210キロを走っているのに、ここからのガチ峠はリアルに脚が止まる。

午後3時。清水を出発。清水から日高までは57キロ。

超絶にキツかった…。

時速15キロで一杯一杯。
五合目からは濃霧。一部アイスバーンの表示も…
おかげで下りはビビったが、結局凍っていなかった。

しかし寒さがヤバく、指の感覚がナッシング!

自転車を誰か止めて~

下りきってから、最後の最後で追い風となり午後5時15分に宿に到着。

この日は日高青少年自然の家。

ノルマの午後4時は間に合わなかったけどしゃあない。

一日中雨だったし。

ちなみに富樫が午後5時45分。
坂本が午後6時20分。
紺野、菊地は午後6時40分。
そして児玉は…午後9時到着!



残念ながらブンジの午後10時30分という金字塔は破られることは無かった(笑)

マジで危険な日勝峠をみんな無事にクリアして一安心。

そういえば、今日の走行距離は結局260キロ超え。
だれだ250キロとかほざいた奴は!!(自分)

たった10キロの差だが、精神的には雲泥の差。

明日は130キロで回復日。
まあ140キロくらいを覚悟しておこう。

しかも、雨、気温一桁、向かい風というナイスな条件がキター。

俺達に回復日など存在しない…。


えりも岬~幌別~野塚峠~大樹~中札内~西帯広~清水~日勝峠~日高
Av 27.6
Dst 266.53
Tm 9.37.45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。